beat sb hollow

ただひたすらに戯言を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

逆縁の鬼

どうも。

すっかりご無沙汰日記なヒラオカです。

結婚20周年を迎えた熟年のご夫婦を彷彿とさせるくらいご無沙汰してしまいました。


んー。

いやしかしいろいろとありましたよ。濃かったよ。

LIVEもまぁあいかわらず週一で演ってるし、スタジオもいっぱい入った。

人のLIVEもそれなりにちょいちょい観にいった。

最近はさ。

なんか人と話すのがほんっと楽しいよ。

対バンしたバンドさんと話すのも楽しいし、知り合いの観にいったときにたまたま知り合った人と仲良くなっちゃったりもした。

知ってるバンドと偶然また対バンで再会して盛り上がってみたり。
いつぶりだよ!みたいな。

いつぶりだよ!っつっても、実はオレらはLIVE活動初めて数ヶ月なもんだから、実際そんなに前じゃないんだよねぇ。

でもそれなりなペースで日々ガシガシワサワサLIVEやってるから、1ヶ月まえっつてももうものすごーく昔に思えちゃうのよね。
いろんな事があったり、いろんな人と出会ったり、ほんとここまで濃かった。
なんかもう数年間たったような気もするよ。

オレらも1回1回のLIVEごとにいろんな事を感じていろんなモノを得、どんどん変わっていってるから、数回前のLIVEなんて今や全く違うバンドになっちゃってるだろうなぁ。

良くも悪くもどっちかもわからんけど、日々猛烈な勢いで状況も考えも変わっていくね。

それが『成長』というカタチであったならば申し分ないが、それもよくわからん。
とにかく猛烈な勢いでかわっていてるよ。いろいろと。

自分らのおかれている現状や、やるべきこともどんどんと変わっていく状況の中で、考えがついていかない事もあり、いろんな流れに取り残されないように必死です。

今はとにかく変わりゆく自分らの状況を精一杯把握して、ちゃんとやるべきことをやっていかなきゃ。

ボーッとしてたら置いてかれちゃうな。


初の新宿ACBのLIVEも意外にも楽しかったよ。オレてきには。

奇跡的に対バンとなった、めっさ格上のCRYさんもめっちゃくちゃ仲良くしてくれたし。
売れてもふんぞりかえるどころかあの謙虚さ・・・。
そんなに大したことないくせに、ちょっとオレたち格上だぜオーラを発してるような方たちは、ほんと見習うべきですな。すばらしいですよ。あの人たち。
そりゃぁ『クローズ』と『ワースト』にも名前出てくるわ。
いやしかし高橋ヒロシ大ファンとしては、うらやましス。
クローズNIGHTとか出てんもんな~。えぇな~。


ACB自体はね・・・。
『ACBは厳しいでしょー。いろいろ言われるでしょー。』とかっていろんな人から散々と言われてたけど、、、う~む。

まぁ、いろいろと言われるけども、自分的には『言われる』ってよりかは『言ってくれてる』って感じに思えたかな。それも的確。

全然とそこにへんなイヤミも悪意も感じなかったし、すごい気さくでもありました。

まぁ、今後どうなってくかはわからんけどね。
あまりにオレらがふがいなかったらね。

っつーか、むしろバッシバシ叩いてアドバイス頂きたいくらいやわ。

とりあえずこれからACBにも認められるよう、がんばってみようと思う。

マシリキ(RIP DOWN)のつのじくんにも『バンドと楽曲的にACBにあってると思う』って感想もらったしね。侍魂。


さて、いよいよと24日のクレッシェンドも近づいてきたね・・・。

この日は楽しみだなぁ。

お客さんもそれなりに集まる予定でありますが、全然プレッシャーとか緊張感はないなぁ。

なんかこの前の企画で出た高円寺ギアのときもそれなりに前列パンパンのお客さんの前で演ったけども、意外とお客さんがわっさりといても緊張ってせんもんやね。

むしろテンションあがって超たのしいね。

昔はやっぱたくさんの人の前に出ると緊張すんだろーなーと、根がチキンなオレは心配していたんだけども、意外でした。


これがワンマンとかで、いる人が全員自分らだけを観にきた人だったら、ハンパねーだろうな。
その高揚感。

高ぶりすぎて曲も全曲1.5倍速になってんだろうな。


いや。


ソレはあかんやんけ。


おちつけ。


まーそんな未来も考えるとめっちゃ楽しくなってくるワケで。


おっさんテンションあがっちゃうワケで。


おっさんワクワクしすぎて寝れんくなっちゃうワケですよ。


遠足か!


まぁ、そんな感じで、もう何回も来てくれてるお客さんも24日は楽しめるような内容にしたいなぁと思ったり。


思わなかったり。


いや・・・思えよ!って思ったり。


昔はそりゃぁもう、ただただバンドをカタチにするだけで精一杯だった。

少しでもマシな演奏するだけで精一杯だった。

自分の事だけでいっぱいいっぱいだったよ。


でも最近思うのよね。

観てくれてる人を少しでも楽しませたいって。

楽しみかたもそれぞれで、めちゃめちゃベシャリが面白くてゲラゲラ笑えるバンド、酒でも呑みながら心地よく聴いて楽しめるバンド、めっちゃめちゃ最前列で暴れて楽しめるバンド・・・いろいろ。

とてもじゃないけどもおもしろトークで人を満足させることなんてオレたちにはできないけども。

オレらはオレらなりに考えて、少しでも『楽しかったね』って観にきてくれたお客さんが笑顔で帰れるようなLIVEをつくっていきたいと思います。
それは必ずしもお客さんとしゃべるとかって事でもないと思うし、『対話する』ってカタチはいろいろだと思います。
全然しゃべらなくってもできたりもするだろうしね。

それはオレらもこれからどんどんと、いっくらでも変化してくるものだろうと思うけれど、その都度その都度現在の『Dog on Backseat』っていう、一つのカタチで。

それが一番大事だよね。

いい演奏するのも、感情を叩きつけるのも、その為でもあるからね。


本当にそういうの、自分らと客席の人たちで共有できたら、めっちゃめちゃ楽しいだろうなー。


がんばります。

それしか言えないけども、がんばります。


まーそんな感じっすね。

自分、最近そんな感じで生きてますね。


そして夜中にネコはンニャ~っと叫びながらオレの前を通り過ぎてゆく。


チャーハンつくりますた。


ちゃ~はn



意外に普通にうまそうでなんかムカつくでしょ?



あ、あとなんかむかーしの日記みたらおもしろいのがあったんで載せよう。

【精神鑑定】

これは、殺人犯の精神鑑定に使われた話らしい。

お父さん、お母さん、息子のある平凡な3人家族がいました。

ある日、お父さん が不慮の事故で亡くなってしまいます。

その葬式で、お母さんは何を思ったのか、葬儀に来ていたお父さんの会社のかっこいい人に一目惚れしてしまいます。

数日後、お母さんは自分の息子を殺してしまいました。

なぜ、お母さんは自分の息子を殺したのですか?



考えた人は下の結果に進んで下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




























「息子が邪魔だから」九十何%の人がそう答えるらしい。

そう答える人は正常らしい。

でも宮崎努と酒鬼薔薇聖人はそれとは違う答を言ったらしい。

しかも2人とも同じ答。

「息子の葬式で、またあの人に会えるから」


結果はどうでした?

宮崎努や酒鬼薔薇聖人と同じ答え出した人は・・・ヤヴァイかもよ・・・。

おお!怖ぁ!

ちなみに昔、オレの友達はみごとに正解しやがりました。

アブない友達を多数もったオレは幸せです・・・。



怖ぇえっつの(゜Д゜;
スポンサーサイト
  1. 2007/05/21(月) 01:03:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<揚州夢如 | ホーム | 悲喜交々>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://donb.blog48.fc2.com/tb.php/146-ac5815a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

take-hiraoka

Author:take-hiraoka
Dog on Backseat

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。