beat sb hollow

ただひたすらに戯言を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いろいろ怒濤でした。

いろんな事がありました。

書こう書こうと思ってはやいく日。

過ぎてく月日がいと悲し。

ヒラオカです。


今更な感じになってしまった気もしますが、ざっとここ最近をおいます。

まずは先月末の八王子~名古屋の2DAYSですね。

これは、とにかく楽しかった。この一言につきますね。

初日の八王子ライブが終わった後は、南風ムラヤマ氏に拉致られて彼の邸宅へ。

ムラヤマ邸のダイニングキッチンで反省会を繰り広げるわれわれを、缶ビール片手に新聞読みながら暖かく見守るムラヤマ氏。

えぇ。

完全にお父さんのポジションを欲しいままにしていました。

しかし人ん家の台所のテーブルでひさびさにメシ喰ったなぁ・・・。
あんま実家の友達と最近は交流していなかった。

なんか高校時代とか思い出しました(笑)

そしてムラヤマ氏の部屋にてくつろぎながら就寝・・・・なのですが、なんだかオレは全く寝れないまま無情にも朝のヤロウがドカドカとやってきました。

ほんとにあのやろうは融通が利きません。朝。

空気よめよ、朝。てめぇこのやろう。

もうちょっと送らせるとかあんだろが。

勝手に明るくなってんじゃねぇよ、空。


そんなこんなで朝ムラヤマ邸のシャワーをいただき、さっぱりして出発です。

お世話になりました。ムラヤマ邸。
マジ助かったなぁ。


今回はムラヤマ氏、1日スタッフとして名古屋まで同行してくれるとの神のお言葉。

どんだけ聖人やねん。でも、こりゃぁ楽しい遠征になりそうだ。


お寝坊さんしたハバナのエビちゃんを拾って、さぁいざ名古屋へ。

途中、いろいろと休憩したりしながら順調に車は行きました。


湖を前にほくそ笑む三瓶氏
みずうみ三瓶



そして湖を背にたそがれる、こんな笑顔でも基本ドSのエビ氏
えびちゃん



わいのわいのしながら、名古屋到着。

ヒラオカ、何気に人生において名古屋初上陸。

とりあえず早くついたので、メシを喰いに。

名古屋っぽいの欲しいねといいながら適当に歩き、そのへんの定食屋へIN。

みそかつがあったので、これ幸いと頼む。

そしてビックリする。

なんせ・・・・。


でけぇ


みそかつ



座布団みてぇなごっついのが出てきたよ。

味は・・・めっさウマい。


名古屋の人は普段からこんな感じの量を平らげてんのか~。すげーなー。
でもウマいからなー。


みそかつも喰えた事で満足した犬ども+ムラヤマ氏+エビ氏は、今回お世話になるミュージックファームさんへ。

そしてリハ終了後、さすがに喰ってから一気に眠気と疲労感におそわれてきた犬+ムラヤマ氏は、漫画喫茶へ。

この漫画喫茶ってやつはどこにでもある上にほんと便利ですわ。

そしてしばし休息・・・。

まぁ寝りゃーいいのにかなり漫画読んじまったけども・・・。ネレや。


そして本番、開演。


前に東京で対バンして知り合った名古屋バンド、UNLIMBERがメンバー総出で見に来てくれていて、すげぇ嬉しかった。
テンションも上がりアガリ。

また東京でも名古屋でも対バンしましょうぜ!

終了後はいろいろと談笑したりなんやらで楽しい一時を。

でも今回は八王子勢が他に2バンド一緒だから、そんなにアウェー感はなかったからなぁ。
名古屋での本当の戦いは次回以降となるでしょう。

本当は断るつもりだったこの2連戦も、ラストエビちゃんイベントが発生して急遽受けることになった。

でも、やらせてもらってよかったなぁ。ありがとうございました。


ミュージックファームのスタッフさんも、ほんといい人や。

またお世話になります。よろしくお願いしますm(__)m


帰りはすっかり死体と化したムラヤマ氏にかわり、三瓶氏がハンドルを握り名古屋→東京間を爆走!
全部運転してくれました。ありがとう。

ムラ氏も、せっかくの休みにオレらの遠征に付き合ってくれてありがとう。
少しでも楽しんでくれたのなら、嬉しいなぁ。

そして家に送り届けてもらい、そのままウチからベルセルク全巻を拉致して三瓶氏と八王子勢は帰路に向かっていきました・・・。

あぁ・・・なんか・・・ものっそい寂しい・・・。


のも束の間。


その後は死んだように眠りました。


おつかれさま。チーン。


そして明けて30日。
オレらも待ちにまった南風企画。

そして、ハバナの象徴、エビハラ(基本ドS)、グッバイの日。

いろんな意味で特別な位置づけにあった日。


全11バンドというちょっとしたフェスなみのスケジュールも、いざ始まってみるとサックサクと進んでいき、ウチらの出番があっというまに。

出順10番目て!すごいな!

と思っていたけど、ほんとあっという間でした。

みんな出るバンド観ていて楽しくて、すぐに終わって、時間がすぐに経ってしまったね。

まぁさすがに出番前、少し疲れが出てたけども。歳の波にはかてんな(^ー^;


自分たちも、めっちゃくちゃ楽しく演れたなぁー。

細かいこと抜きにして、ほんと楽しかった。

そんでラストは南風。

すっげー良かった。かっこよかった。
いいたくないがかっこよかった。

観るたびにめっちゃ進歩してるよなぁ。すげぇ。

途中で救急救命士さんが駆けつけるというアクシデントもありつつ、最後盛り上がって終了!

そしてエビちゃんのハバナにおける最後の夜が終わった・・・。

最後の最後の夜に救急車騒ぎとはね・・・なんか、それもまたらしいのか(汗

まぁ、死のダイブとなりかけた彼も、無事で良かった。

確かに感極まる良いライブだったからね。

あぁいうのは、オレはあえて否定も肯定もしませんが、やっぱり自己責任だからね。
気を付けましょう。
ケガしてもいいけど、死んだらダメよ、絶対。


打ち上げも盛大なものとなりました。

ゆっくりと話し込めた人も、あまり話せなくて悔いが残った人も、いろいろでしたが、みなさんありがとうございました。

最後の最後、お世話になったエビちゃんと話し込めてよかった。

都合3日間くらいずっと一緒にいたからね。最後はもう。寂しいね。

当時都心バンドだったオレらをハンティングして八王子に引っ張った男。

いつの間にか本人達も気付かない間にDog on Backseatを(八王子)に変えた男。

ハラヘッタばっかり言ってる男。

しつこいくらい平氏と源氏にやたら凝ってる男。

Dog on Backseatの完成系イメージをメンバーの3人よりも明確に持っている男。

泥酔しすぎてコップのビールを2/3くらいは常に床にブチまけている男。

エビハラさん・・・。

いろいろとお世話になりました。

これからもオレらはがんばってやっていきます。

人生なんでもアリと思います。

これから自分らしい人生を目一杯楽しんでください。応援しとります。

また会いましょう。必ず。

オレたちは必ずやアナタの想像を上回ってみせます。


そして南風のみなさま方も、今回誘ってくれてありがとう。

オレらみたいな人間と仲良くしてくれてありがとう。

4~5日くらい、常に南風の誰かと一緒にいた気がするので、なんか終わった後は寂しかった。

あんなウザい男らが一気にいなくなると、急に寒くなってくるね(^ー^;


これからも目一杯一緒に楽しいことしましょう。


ウザいけど。


CDメッチャ聞いてるよ。

かっこいい・・・。

これ、南風か?

オレ間違って他のCD聞いてねぇか?




そんな感じで、今更ながら一気に駆け足で書いてみました。

リアルタイムでないぶん、若干内容は短縮してますが。

これからはもうちょっと鉄は熱いウチに打つ感じにしていきたいと思います・・・。


できれば・・・。




さて。


バンドってのも難しいものです。

うまくいっているように見えても、内なる問題や葛藤は渦巻いている。

きっと本気でやっている人たちはみなそうなんではないでしょうか。

何をもってよしとするか。

何をどうするか。

いろんな善し悪し、いろんな考え方があり、全てのことは正解ではなく、間違いでもないのだと思います。

やっぱただ遊びで楽しくてやってるんじゃないからね。

本気で考えれば、いろんな事が出てくる。

メンバーだってただ情で絡んでいるわけではないし、感情抜きにからんでいるワケでもない。

ときにいろんな選択肢があり、それをどう昇華していくか、どう考えて変換していくか。

それは全て、正解も不正解もない。

本気でやっているがゆえの衝突、時には不和。

それを乗り越える結束。

そうやって迷いながら、あがきながら、進んでいくものだと思います。

例えばそのなかであるだろうメンバーの脱退。

例えばメンバーの更迭。

例えばバンドの解散。

全ては本気で取り組むがゆえ。前に進んでいるがゆえ。

自分たちでやっている事です。
そこに良いも悪いもありません。

われわれも、当然いろんな葛藤や困難のうえ、ここまできました。

幾度となく危機にも立たされ、幾度とない葛藤、渇望、いろいろありました。

オレらも本気でやっています。

当然、メンバー内でいろいろあったりもしました。
やっていればそういう事もあるでしょう。

先のことなんてわかりません。

自分がいつまでやっていられるのかだって、なんの保証もありませんよ。

この先自分がついていけずにクビにされる事だって当然ないとは言えない。

逆にメンバーとの考えに相違を感じて自分が身を引く日がくるのかもしれない。

本気で何かを成そうとすれば、当然そういうことだってありうるでしょう。

でもきっと悩んだり葛藤したり、間違えたりいろいろあって出した結論ってのは、その現在での正解なんだろうと思う。
当然それだって、永遠に続くとは限らないわけだけど。

それは単純に良いとか悪いとかっていう問題でもない。

そんな事にならないように、自分が代え難き何かになるよう日々精進していかなければならんワケですが。

きっとそれはみんな同じなんじゃないかな。

こんな事書いていると、解散やら脱退やらあんの?

と思われるかもしれませんが、違います。

ただなんか書きたかっただけ。

今までいろいろとそういった事を考えたりもしたけども、そういった事を経て今は充実しています。

ただ一つ言えることは、これから先の当面、われわれはこの3人でしっかりと先を見据えて迷いなくやっていく覚悟です。

何かと心配してくださった方も、どうもありがとうございました。

我々は現状のこの3人でこれからがんばっていきます。

そこにはもう裏も表もありません。

オレ達はただなんとなく3人集まって過ごしているワケじゃない。
もろい部分もあれば強い部分もなる。
異なる考えもあれば、迷いもある。
いろんな事を経て、今ここにこの3人がいる。
それは当たり前のことなんかじゃぁない。
全ては紙一重でもあり、これからだって幾重にもいろんな事は重なる。

精神的な強さがまだまだ足りない我々ではあります。
これからも紆余曲折いろいろとあるでしょうが、がんばって進んでいきます。

よろしくお願いしますm(__)m



なんてまた固~い感じになっちゃったりもしてますが、解散するバンドも周囲にはすごい多い。
がんばって欲しいと思っても、それは当人たちの思いで決めた事。

どうしてもついてこれなくて、言い方は悪いけどもそのバンドをクビにされた人もいた。

バンドをもう辞めるっつって脱退した人もいた。

いろいろある。

やってりゃーいろいろある。

みんな本気。

そりゃそうだ。

厳しい世界ですが、その中にある楽しみや達成感、繋がり、暖かさ。

すべては本気で前をむいてやっているからこそ得られるもの。

自分が、そして自分のバンドがかけがえのない何かになれるよう、がんばりたい。

めまぐるしく移り変わっていく日々の中、変わるモノも変わらないモノもある。



一生懸命生きていきましょうかね。

自分なりに。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/09(火) 01:52:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そしてヤツはドロドロになり、その体を昇華させてゆく | ホーム | まぁ、ほどほどね。ほどほど。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://donb.blog48.fc2.com/tb.php/159-929fa5c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

take-hiraoka

Author:take-hiraoka
Dog on Backseat

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。