beat sb hollow

ただひたすらに戯言を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴ・キジェット

小さいムーシー小さいムーシー小さいムーシー見ーつけたー。
くーろいムーシーくーろいムーシーくーろいムーシー見ーつけたー。

しょーっかくなーがくてうーごきが機敏。
格闘すること1時間~。

小さいムーシー小さいムーシー小さいムーシーこーろしたー。


どうも。
いよいよもって部屋の掃除の必要性が増してきています。

ヒラオカです。


前回日記からかなり空いてしまいました。

ライブのないせつなさを語った前回の日記から一転、ライブラッシュにもまれていました。



18日新宿ACBではエヴァンゲリオンズという名のASTRAL MESSと対バン。
最近はビッグネームと対バンする機会に恵まれる事も多くなり、とても楽しいです。
なによりも、HOTSというとてもいいバンドと知り合いになることができました。
ACBはとてもオレ達の肌に合っている・・・気がします。



20日、浜松メスカリンドライブ。
初浜松は、いろいろと想い出深い1日となりました。
しかし24時間という枠でとらえると、浜松はかなりギリギリのラインですな。

総勢8バンドという怒濤のスケジュールの中、いくつかのバンドさんと仲良くなることもでき、とてもよかったと思いまする。
偶然同じ東京から来たモッカーズさんとは、今度は東京にて契りの杯を交わす約束をする。

地方でのライブは、毎回若いエナジーをもらえるのと、その土地の雰囲気や空気を味わう醍醐味、なんやかんやと常に得るモノがありまする。

バンドでもやってなきゃぁー、そんなあっちこっちの地方で友達や知り合い増やしたりとか、あんまないものね。本当、そういうのってすごいことですわ。

ありがとう浜松。また来ます。よろしくお願いします。



23日吉祥寺クレッシェンド。
いろんな意味でここ最近の課題がハッキリと見えた日でもあった。
クレッシェンドの皆様方にはしかしアタマがあがりませぬ。
細かいことから常に目をかけていただいているこの恩義は、近い将来必ず返さねばナラヌ。
そして久々のD-rayとの絡みは楽しかった。ありがとう。

なぜかクレッシェンドでは毎回キックペダルが壊れる伝説がある。

あまり望まぬ伝説。

なんでちょっと使ってるだけでアッチが割れたりコッチが折れたりするのか。
やはりオレの踏み方がが悪いのであろうか。
オレは常に愛をもってかなり優しく扱っているハズなのである。

また修理・・・なのか・・・?



26日高円寺ギア。
NoLookArtの企画にお呼ばれて出演。
NoLookArtもSnotもかっちょ良かった。
なかなかアットホームな感じでひと味違った企画であった。
打ち上げも含め、楽しい日でした。

やはり酒を絡めると人と人の距離ってやつは急速に接近する。
そして下ネタは男のロマン。
お互いをさらけ出して裸の付き合いをしようってときに下ネタはさけて通れないのである。
もはや深く追求するとスケベなんていう浅い話ではなく、人間の心理にまで及んでくる。
あれほどに熱く議論でき、かつ全員が興味を持って語り合えるネタが他にあろうか。

あぁ、深し。

まぁ、どう言ってもしょせん下ネタなのであるが。

そしてPSPがうらやましい。

むしろうらめしい。

できることならば、それを我が輩にくれ。

いやさ。

ください。



28日八王子ハバナ。
出演ではなく、観戦。
出演中4バンドが全部知り合いという快挙。

実は企画か?

しっかしものっそい体調が悪い。

すこぶる悪い。

後頭部が死ぬほどいたい。

たぶん悪性の腫瘍でもあるに違いない。
さらば親しきみんな。

そんななか、ライブは楽しめた。
久しぶりに会う人や、また会う人や、いろいろ人間模様。

オレらはそんなにハバナ付いているバンドでも無いはずだが、なんでこんなに緊張感なく落ち着くのだろうか。
しかしそこにエビ氏のドS笑顔がない若干の寂しさ。

しょうがないことだけども、やはりしばらくはあるんだろうな。コレ。



まだ詳しくは書けないけども、ココ最近は、怒濤のごとくバンドへいろんなオファーが来る。

そのうちのいくつかはすでに決定している。

年末から来年の春までに、Dog on Backseatは忙しそうです。
一気にいろんな動きがありそうですわ。

Dog on Backseatが好きという真性マニアックなみなさん、楽しみにしていて下さい。

もう駆け足駆け足。

すでにスケジュールのやりくりはアップアップ。

ヒップホップ。

アイラヴヒップホップ。

別にオレはヒップホップ好きでもないけど。


まぁとにかく正式に決定したら一気にご報告しますね。
ホームページでもココでも。

えらそうに。

Dog on Backseatのくせに生意気に。

ほんとすいません。



忙しくて目が回るようで、ほんとここ最近はグルグルしてるけども。

オレらなんて駆け出しのペーペーで。

ほんの1年前にはまだ初ライブ!とかいって、初々しいクソみてぇなライブやってて。

お客さんなんか1人もいなくて。

必死に知り合いに誘いかけても誰も興味なくて来てくんなくて。

来て貰ったとしても、きっとその人を1人満足させることもできてなくて。

もうそんなのがずっと昔に思えるけど、たったの1年前。


ソレ考えたら、今なんてほんと恵まれてるなぁ。

いつの間にか知り合いも友達も把握しきれないくらい増えてて、めちゃめちゃ仲良い人間も増えて。

人と絡むのがすごくニガテで避けてた自分が、いつの間にか人と絡むのが大好きになってて。


企画ライブなんて呼ばれたいよなとメンバーで話してたと思ったら、いつの間にかお断りしなければいけないライブが出てくるようになっちゃって。


なんだよなー。


たまについていけないくらいに状況が変化していくけども。


振り返れば、あっという間でもいろいろあったんだなぁと思ったり。


くやしくて泣きそうになりながら、死ぬほどハラをたてながら、ものすごく感動しながら、ここまできたね。


なんかAXかなんかでツアーファイナル迎えた心境みたいな事かいてるけど(笑)


でも、そんなだいそれたことでなくとも、たまにたまに今までやってきた事に対する実感で感じる事ができるのよね。


こんなオレ達に興味を持ってくれた人たち、本当にありがとう。


感謝の念しか湧いてこない。


それはバンドさんが「また一緒に演りたい!」と思ってくれるのもお客さんが「また観にきたい!」って思ってくれるのもみんな同じ。


オレらはほんとまだまだ大したことない。

周囲から勉強することばかり。

みんなすごいよ。


でも、少なくともオレたちを気にかけてくれている人たちの期待を裏切らないようにしなければならヌ。


がんばりますね。


初めたころはこんなこと思ったこともなかったけど。

もはや自分たちだけのバンドじゃねぇんだよね。

いろんな人たちが関わっている。


観てて下さい。


アナタたちはオレ達の歴史の生き証人です。


オレ達もっとおもしろくなります。
バカなやつだと笑ってください。

いつまでも笑ってください。

いつまでも一緒に楽しんでください。

いつまでも対等でいてください。


ずっとみんなで楽しめるように、がんばります。



月末31日は吉祥寺クレッシェンド。

OPEN18:00 / START18:30
DonB START 4バンド目20:15予定


です。

よかったらこの細目のアホ面を眺めにきてやってください。


次回のステージでは、精一杯目を見開いてみようと思います。


いやーしかし後頭部が痛い。

頭痛が痛い。

頭の頭痛が痛い。


萌えよセブンセンシズ。

スポンサーサイト
  1. 2007/10/29(月) 03:11:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<そして明け方にオレはいい声で鳴く | ホーム | そしてヤツはドロドロになり、その体を昇華させてゆく>>

コメント

エヴァンゲリオンズって彼らだったんだ…最近ネタに走るな(爆)

ACBで膝擦りむいて、1ヶ月治らなかったことが…
  1. 2007/10/30(火) 17:12:50 |
  2. URL |
  3. 名無しちゃん #eqP7eH0Y
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://donb.blog48.fc2.com/tb.php/161-ea28f949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

take-hiraoka

Author:take-hiraoka
Dog on Backseat

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。