beat sb hollow

ただひたすらに戯言を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

犬・ツアー編 Finale

どうも。

昨日ラーメンを作ろうと思って冷蔵庫にあった袋のモヤシを開けたら、どうもおかしなオイニーがしました。

そう。

クサイのになぜか懐かしいその香り。

そう。

それは・・・死んだカブトムシのニホイでした。

思い出す小2のあの夏。

幼き頃の想い出に涙しました。



でも普通にモヤシ捨てました。

具なしラーメンバンザイ。


ヒラオカです ('A`)


死ぬほど遅くなってしまいましたが、Dog on Backseat レコ発TOUR 2008
【同じ道の上で】、無事に全日程終了しました。

2ヶ月半20箇所、関わってくれた全てのみなさんありとうございました。

実はもっと早くに終了の日記を書いたのですが、書き上がる寸前に全て消えてしまいました。
余りに全勢力をそそいだ渾身の文章だったので、しばらくは書き直す気力がありませんで…
遅れてしまいました ('A`)

そろそろツアー編を完結させます。

5月9日、ツアーファイナル。

2月に吉祥寺より出発し、2ヶ月半を経てまたここ吉祥寺に戻ってきました。

始まりと同じ地、同じステージに立ち、とても感慨深いものがありました。

アッという間に過ぎた2ヶ月半。

でも長かった、いろいろあった2ヶ月半。

とても言葉では言えない感情がいろいろと溢れます。

もうスタートした日がとても昔の事のようにも思えます。

きっと自分がバンドなんてやっていなかったら、これほど濃い月日を過ごすことはなかったんではなかろうか。
きっと、2ヶ月半なんて普通にアッという間に何事もなく終わってしまうでしょう。

身を焦がすような苦労をできる幸せ。

そして身を焦がすような感動を味わえる幸せ。

そんな想いの詰まったツアー最終日。

この日はみなさん物販も充実していて、物販席もにぎやか。
ちょっとした祭りの出店のように楽しいスペースだったねー。
やっぱり物販席てにぎやかな方がいいね!
ぶつぱん


出演してくれたバンドも、みな想像以上のステージをプレゼントしてくれました。

これでもかってくらいにドラマティックかつ怒濤の展開でLIVEを見せつけ、イベントをスタートしてくれたヒトヨビト

会うたびに成長著しすぎて観てるこっちが付いていけないくらい、会場の熱を一気に上げてくれたD-ray

快く出演を受けてくれた大先輩、さすがのLIVE、一気に会場を楽しい雰囲気に変えたEAST WOMAN

わざとらしさのカケラもなくナチュラルに熱いメッセージ、そして楽しいLIVE、貫禄のHOTS

バンド創世記からのおつき合い、ツアー全日程通してのファイナルアクトを見事に締めてくれた盟友・フジサンズ


アッという間でした。

本当に時間が過ぎるのは早い。

みなさんの熱のこもったLIVEを観ながら、楽しい反面、終わりにどんどん近づいていく寂しさを感じました。

そして我々。

後部座席の犬たちはツアーの最後のステージに立ちました。

いつもと同じようにやろうと思っていたのだけれど、やはりなんか特別な気持ちでした。

LIVEは楽しかった。
さんぺー

そこにいるみなさんの顔、ステージからもよく見えました。

ステージから見えるみなさんの笑顔、声、忘れませんよ。

いまこの吉祥寺に帰ってきて、ツアー最後のLIVEをして。

こんなオレたちに「おかえりなさい」とかけて迎えてくれる暖かい言葉。

暖かい笑顔。

暖かい手。

それだけで感無量でした。

オレも知らなかったアンコール上での誕生日サプライズや、来場してくれたみなさんへのささやかなサプライズで何とか間に合わせた新曲披露。

常にバンバン新曲織り交ぜていくバンドさんが多い中、1曲新曲をやるだけで会場が湧くオレたちってどうなんかという感じもアリましたが(^ー^;

確かに曲作りがクソ遅いバンドですんで…。ふぁふぁふぁ。

いろいろあったLIVEでしたが、多くはまぁ語りません。

あの日のあのLIVEは、あそこだけにあったもの。

文章でいまどう書いたところで伝えることはできません。

同じ1日、同じLIVEは二度とありませんし、できません。

あの新曲も、これからもっと洗練されて完成されていくでしょうから、きっともう本当の意味でのあの曲は聴けませんし。

だから、あの日あの場所に居てくれたみなさんの心にだけ残っていてくれれば、それで
いいと思います。

オレも忘れません。
ひらおか

オレたちは観てくれた人たちの期待に応えることができたのかどうか、わかりません。

でも、精一杯やりました。

小学生か!って感じのセリフですが、等身大の自分たちで一生懸命、全部出し切りました。
さんぺいほえる


ツアーの最終日。

今までのいろんな人たち、いろんなステージに想いを馳せながら、想いを持ってステージに立ちました。

良かったのか悪かったのかわかんないんですが、最後は想いがあふれました。

オレたちにとっては特別なLIVEになりました。

本来は特別なLIVEなんてあってはいけなく、全部均等でなくてはいけないのでしょうが、やはり最後、想いは溢れました。

こんなこと言うと気持ちわるいですが、アンコールの最後、ツアー全日程での最後の最後の1曲Resonance 0演奏の際は、いろんな気持ちが入り交じってちょっと泣きそうでしたよ。

みなさんの顔、最高でした。

顔の善し悪しなんてもんはねぇ。

目鼻だちがどうのとか、顔の作りなんかじゃないんすよ。

そこにどんな表情が、感情が表れてるかです。

暖かい笑顔でオレ達を迎え入れてくれてありがとうございました。

嬉しかった。

最後、心の底から湧いてきたのは、感謝の念しかありませんでした。

それは最後迎え入れてくれた会場にいるみんなは当然の事、ツアー中携わってくれた全バンド、全関係者、全お客さんに対しての想いです。

ありがとうございます。

全日程が終了しました。

ありがとうございます。

言葉で書くと陳腐なもので、うそくさいかもしれません。

それでも。

ありがとうございました。


打ち上げも予想以上に多くの人に参加して貰って、嬉しい悲鳴。

主催者冥利につきました。

どこのテーブルからも終始きこえてくる笑い声。

和やかな笑顔たち。

本当に居心地の良い空間でした。

あんな空間を作りあげてしまうあなたたちは本当に最高だと思います。

人と人って、みんなあんなだったらいいのにね(´ω`)

オレは争いごとがキライ。

人の笑顔が大好きです。

人が楽しそうにしている顔が大好きです。

変な新興宗教をひろめようとして言っているワケじゃないですぜ(^ー^;

やっぱみんないつだって笑顔でいれるワケじゃない。

いやなことだって心から落ち込むことだって日常から溢れてますよ。そりゃぁ。

真剣に何かをやろうとした場合、向き合わなくてはならん現実、カベに打ちひしがれたりもします。

理不尽も世に溢れかえってます。

でも。

そんな事を忘れて、心から笑顔になれる瞬間や空間はあるんですよね。

素晴らしいことだと思います。

あの空間は最高でした。

LIVEのスタートから打ち上げ終了まで全部。

いつまでもそうしていたかった。

ツアー初日の時もそうでした。

オレたちは本当に友達に恵まれています。

みんなが笑顔で嬉しかった。

そんな中でもちろんオレも笑顔を隠しきれませんよ。

おかげさまで、オレも三瓶も田島も、とびっきの笑顔で最後を終える事ができました。

あの空間をありがとう。

あの熱をありがとう。

あの笑顔をありがとう。
きゃくわっさり


簡単ではありますが、ツアーファイナルのLIVEレポートが、会場である吉祥寺CRESCENDOのホームページにて掲載されております。良かったら見てみてね。
http://www.kichijoji-crescendo.net/repo080509.html


そしてこれで終わりかと思いきや、実は4日後にもう1本LIVEがありました。

その名もツアー【裏】ファイナル。
あしべ

なにが裏やねんちゅー感じですが。

でもこの日きてくれた人たちありがとう!

ファイナルに来れなかった人たちが遊びに来てくれて嬉しかった。

この日の新宿ACBにて本当に終了。

これから僕らはしばしの充電期間に入ります。


まぁたった1ヶ月なんだけどね(^ー^;


でも今まで常にすぐ次のLIVEをみながら毎日過ごしていたから、それは感覚的にものすごい長い1ヶ月です。

6月は福島と静岡がすでに決まっていますが、その先はまだ未定。

ボチボチ決まってきてはいますが、近いウチに一気に夏くらいまで予定をホームページにアップします。

再始動後は都内ではきっと7月になるかなぁ。

各地のみなさん、近くに行く際には、ぜひぜひ寂しがり屋のオイラ達に顔を見せに来て下さいね。

みなさんの元気な笑顔をまたみたいと思っています。

いろいろと話を聞かせて下さい。

自分のこと、世間話、質問、なんでもいいです。

オイラたちと触れあってくれたら、それでいいんです。

人と人ってそうやって血が通っていくもんだと思っています。

人ってのは暖かいです。

どんどんこれからもいろんな人の笑顔をみれたらいいなぁ。

見たときにオレが笑顔じゃなかったら・・・ゴメンね!

そういうときは「オメェ辛気くせぇツラしてんぢゃねぇよ」と注意したってくださいな!


長くなりましたが、これにてツアー編は終了です。

当初立てた目標、ツアーの全日程を飛ばさずに全部日記に書くという目標は、一応何とか達成されました。

途中危うい場面もありましたが、なんとか・・・。


次回からは通常日記に戻ります。


いや、まぁ、そんなに変わりませんが。


最近は某ミク○ーとかで日記書いたりした方が見やすいとかいろいろお話も聞きますが、やはりオレの日記は長すぎて軽く嫌がらせになりますな。

あれは携帯で読む人が多いだろうしね。

しばらくはブログの方のみでやっていこうと思っています。
まぁ「とりあえず今は」だけど。

ウチのフロントマンにして全国のお兄タソ(お義兄ちゃん)三瓶がそちらでも書き始めたようなので、そちらをぜひ。

そんなにいい日記でもねぇしな。ワシの。

見てくれるひとが見てくれたらいいっす。

ミ○シーの日記とかよりもコメントとか付けづらいと思うけども、遠慮なくなんでもコメントしてね。


これにて終了します。


あ。


今回は全くもってマジメに書きすぎたなぁ。


全然オモロ話し書いてねぇや。


まぁ、たまにはね。


またどんどんくだらねぇ話し書いていくぜ(`ω´)y─┛~


今回の日記は徹夜で帰ってきてそのまま寝ずに書いたので、きっと文章もヘンでしょうな。

あとから読んだらワケわからんかも。

でも、頭が働かないからこそ、何も考えずに思いつくままに全て心に任せてかきました。

汚いかもしれないし見苦しい文章かもしんないけど、むき出しの素直な気持ちです。

だからそのまま残しておこう。


これからはツアーでの裏話や、小話をちょいちょいと書いたりもしていこうと思っています。

ちょっとした失敗とかね。

ちょっとしたもんじゃねぇ失敗とかね(笑)

車中にいる時間が尋常じゃなく多かったわけですが、多かった話しランキングとか…。


別に知りたくもねぇ情報を勝手に満載にしますわwww



まぁ。



とりあえず。



Dog on Backseat第一期終了です!


再開されるこれからもよろすくぬ!


あ、矢べぇもう文字まともに打てんく菜てルよ。

スポンサーサイト
  1. 2008/05/21(水) 08:08:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<キマリ、チョットデチャッタ | ホーム | 犬・ツアー編 Semi-Final>>

コメント

あー、ツアーいきてー。
  1. 2008/05/28(水) 00:00:49 |
  2. URL |
  3. 三瓶 #-
  4. [ 編集 ]

うむ

ツアーいきてーねぇ・・・。
  1. 2008/05/31(土) 01:35:06 |
  2. URL |
  3. ヒラオカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://donb.blog48.fc2.com/tb.php/181-57ffce37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

take-hiraoka

Author:take-hiraoka
Dog on Backseat

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。