beat sb hollow

ただひたすらに戯言を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無常の風は時を択ばず

どうも。

こたつに1回はいると、もう出るのがイヤになりますよね。

そして半日もその中で過ごしていると、当然のことながら屁、いやオナラも召しますよね。

数十発もその密閉空間に爆撃したころ、ふと中のオイニーが気になりますよね。

開けますよね。

こっそりと開けますよね。パンドラの箱を。

あら。

めっさフローラル。

2秒ほど意識とびました。

休日は大体そんなハイソな感じで過ごしている

ヒラオカです。

えー。

世はクリスマスでしたねー。

イヴの夜は性夜。

そんなこたぁー真のオトコにぁー関係ねぇ!と思って帰宅。

すると、なにやらウチの玄関の前に人影が。

女の子が寒そうに手をこすりながら何かやっている。

どうやら、アパートのオレの部屋のドアノブに何やら袋をかけている。
しかしよく見ても知らない顔だ。

背は小さくてどう見ても幼く見えるが、あどけなさを残しつつも少し大人びている
その顔は、10代とも20代ともとれる。

声をかけてみた。

オレ「あの・・・」

女の子『あ!すいません』

オレ「え?い、いや。どうしたんですか?」

女の子『いや。すいません。すいません。』

オレ「いや、あの、怒っているんじゃなくて、何をしてるのかな…と思って…」


その知らない女の子はえらいテンパりようで、いきなり泣き出てしまった。


女の子『これだけ置いて帰るつもりだったんです。』

オレ「えっと…どっかで会った事あったっけ?あったらごめん!覚えてなくて。」

女の子『何回かあります…でも…知らなくて当然なんです。話した事はないですから
…』

オレ「…え?」

女の子『いつも遠巻きに見ていて、勝手に好きになっちゃったんです…それで。』

オレ「…え?そうだったんだ…。何もこんな寒い夜に来なくても普通に話しかけてくれれば良かったのに。」

女の子『それじゃダメなんです。だって…』

女の子『今日はクリスマスイブじゃないですか。なんか今日なら何か思いきって行動できる気がして…』

オレ「うん…」

女の子『ごめんなさい!変ですよねこんなの…。でも、もう引っ込み思案な自分を変えたかったんです…。』

オレ「いや、全然ヘンなんかじゃないよ。ありがとう。でもそしたら泣くのはもうやめなきゃね。」

女の子『あの…これ…受け取ってください!』


小さなプレゼントと手紙が入った袋をそっと渡された。

その子の手はとても冷たかった。
緊張か寒さか、その小さい手は小刻みに震えていた。

その小さな手をそっととったオレは……




















妄想の世界から目覚めた。




オメェ

そんな桂正和ばりのストーリーあるかってんだよ!

家帰って1人でカレー食ってたよ。

あまりにクリスマス日記を書いてる友達がみんな悲惨だったもんだから、ちょいと夢をあげようと思ってね。

まぁムカつくだけだろうけどね。

ハッハハハハ。


そういやぁー昔の偉人が言ってたなぁ。





ロマンティックが止まらない。





とな。





さてと、どんなどうでもいい話しはおいといてと。

前置き長っ!

12月22日は水戸へ行ってまいりました。

前日の夜にスタジオにinして、深夜出発。
さぁ出るでー。
しゅっぱつ

爆走爆走で着くは朝方。
例によってお世話になるスーパー銭湯の駐車場でオープンまでオヤスミだす。

この日はなんか夜もあったかくて、油断して薄着で寝たら朝に凍死寸前で目覚めました。
冬をなめるな。

あと数分寝てたらたぶん死んでました。

雪山で死ぬ寸前には頭の中で広瀬香美が鳴り響くとよく言いますが、本当でした。

さてと、何気に今回は最後の車中泊、そして最後のスーパー銭湯なのでした。

年明けにオレが引退するまではあと2本遠征はありますが、2本ともお世話になる家が決まっているので、この過酷な旅は最後なのです。

感慨深い。

ツアー中からさんざんやってきたこのドサ回りも、いよいよラストを迎えようとしています。

死にそうになりながらも、なんとか夜を過ごしたあとはラスト銭湯にin

まったりと浸かりながら、いままでの銭湯生活に想いをよせる。

各地いろいろなスーパー銭湯に行って来た。

目にしたミート・スティックはすでに数百本か。

歴戦の強者から生まれたてのポークビッツから、そこにはさまざまな男の生き様があった。

人間の外見がレスラーなみなんだけども、あっちはボーイ。

みたいなんとか。

あどけないかわいい顔して、あっちは北斗神拳伝承者。

みたいなんとか。

パイパムとか。

がっちりやったら丁寧に梱包されてるとか。

ほ…ほっそ!とか。

ふ…ふっと!とか。

長っっっ!とか。

曲がってるとか。

折れてるとか。

枯れてるとか。

ねぇとか。

まぁいろいろなスティックがオレの目の前を通り過ぎて行ったよ。

あぁ。

目を閉じれば浮かぶあの情景…。



浮かべネェよ。


心なしか、数々の猛者と張り合って来たMy sunも寂しそうだ。

寂しすぎて若干右曲がりだ。

ってことで、散々クレームを受けて来たいつものスティック話しも、これで一旦Finalとなります。

ありがとうございました。

ご要望があれば…また…いずれ。



ねぇな。


さてと、ラストセントーに別れを告げ、向かうは今日の戦場

水戸LIGHT HOUSE

さんざんお世話になったこのハコも、今日で最後だ。

小さくてもいい。

何かしら跡を残して帰ってやろうと思った。

スタッフさんとも仲良くなり、音や設備は言う事なし、楽しくないハズがない。

あっと言う今に開場し、そして過ぎて行った。

あっという間なんだよな。

オレたちのステージ。

ブチかました。

それまでモッシュダイブおこりまくりだった会場が、話し声1つせずに静まり返った。

後でCDを購入してくれたお客さんに聞いたのだが、「話したら殺されるかと思った」と。

どんなやねん。

精一杯ワシらフレンドリーやっちゅうねんな。

でもめちゃくちゃ楽しかった。

はたから見て実際どうだったのかはわからないけども、食い入るように真剣に見てくれている場内のお客さんの熱量は、別に派手なレスポンスなんてなくとも伝わってきた気がした。

こんなバンドもいる。

それでいいじゃない。
オレらは決して暖かく派手に会場を盛り上げることはできないのかもしれないけど、とにかく全身全霊をぶっとばして投げつけてます。

何をそんなに行き急いでんだってくらい余力がないです。

洗練されてもいないし、ドロくさいです。

おもしろい話しもできないし、愛想もないです。

でも、盛り上がろうが静まろうが、ステージの上にウソは一切持ち込まないです。

楽しかった。

ありがとう。

素直な気持ちです。

今日はお客さんにもスタッフさんにも、そしてメンバーにも思った。

あんま言いたくないけども。

なんかこんな事言ってても胡散くせぇしな。

楽しい時間てのは本当にすぐに終わって。

撤収です。

片付けて、さらば。水戸ライトハウス。

差リ際に楽屋で。
がくやみと

三瓶さん、なぜに呆けてる。

そんでライトハウススタッフりえチャソと2ショット。
りえチャソ

なんかカップルみてぇな(^ー^;
しっかしオレい~笑顔しとんなぁ~。
どんだけ目ぇほっそいんじゃって感じですなぁー。
これ、寝てないよ。起きてるからね。
一応。

終了後、打ち上げへ。

前回も言った豚シャブ屋に、豚野郎をシャブりに行って来た。

前回、次が最後だから打ち上げしましょうといった事をしっかりと実行してくれた。
ありがとう。

この日はオレが最後だからと三瓶御大が帰りの運転役をかって出てくれた。

よってオレが呑み係。

盛大に打ち上がリ、楽しかった。

最後に全体でパシャリんこっと。
みとぜんたい

最後の水戸も終わってみれば一瞬だよ。

こうやって、これからもどんどん時を積み重ねていく。

後ろには戻れないからね。

人生にifはない。

もしも…はない。

何やったって、どうせ後悔するんだよ。人生なんて。

だったら、おもいっきり思ったことやって、でっかい後悔すればいいさ。

誰もいなくなったステージに。

サヨナラとそっとつぶやく。
みとすてーじ

水戸ライトハウスのステージ、オレは大好きだったよ。
またね。


さて、今年ももうちょっとで終わりだね。

明日、っていうか、もう今日。

今年最後のライブがあります。

新宿ACB
半端ねぇNIGHT 08 FINAL~前夜祭~

ドでかいイベントです。

何気にね。
オレ、辞めるまえの最後の都心ライブですわ。きっと。

もうこれで都心中心部でのライブはないです。

ACBも本当にお世話になった。
思い出だらけだ。

今年のライブ総数、57本。

やったなぁー今年も。

本数は多いけども、おざなりなライブなんて1本もない。

1本1本全部覚えています。

いろいろあった。

人生が濃縮されて、その中にあった。

その1年間の最後の1本。

明日。

細かいことなんていらねぇ。

やってきます。

当日券のみなので予約なしで入れます。

気が向いたら会いに来て下さい。

ACBに、想いをぶつけてきます。

スポンサーサイト
  1. 2008/12/26(金) 02:10:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<往く年、狂る年 | ホーム | 山梨ー吉祥寺>>

コメント

水戸でのライブお疲れ様でした。

何だか素敵な妄想のクリスマス・・・楽しくよませていただきました。

私のクリスマスイブは空のライブで・・・
最高でした!!


26日は多分無理そうなので・・・どれか空は一緒になればいいのに・・・

ACBのライブ頑張って下さい、陰ながら応援させていただきます。

平岡さんにとって、より良い年が訪れますように!! と願っています。    では では
  1. 2008/12/26(金) 02:50:38 |
  2. URL |
  3. 一恵 #-
  4. [ 編集 ]

一恵さん

速攻のコメントありがとうございます!

オレもイブの空のライブは行こうと思ってたんですが、間に合いませんでした。
間に合えば会えてましたね~。残念。

よい年末を迎えて下さいね~。
  1. 2008/12/26(金) 02:57:19 |
  2. URL |
  3. ヒラオカ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/12/26(金) 18:22:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

すまんなぁー

アシベ、バイトしてて行けんかったよーφ(.. )

行けるLiveがあったら行きたいねー

あと、素敵な物語…

あ、これ嘘だな、ねぇな、と思ってたら、やっぱりそうでした!
  1. 2008/12/28(日) 10:14:55 |
  2. URL |
  3. 敏之 #-
  4. [ 編集 ]

敏之→


実話だから。

オレの脳内でわ。

来年会おうぜ!
  1. 2008/12/30(火) 15:04:09 |
  2. URL |
  3. ヒラオカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://donb.blog48.fc2.com/tb.php/205-a8acbe37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

take-hiraoka

Author:take-hiraoka
Dog on Backseat

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。