beat sb hollow

ただひたすらに戯言を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Dog on Backseat 平岡

どうも。

前回まさかの2部構成で逃げたのですが、続き書きます。

これがDog on Backseatとしてのオレの最後の日記になります。

今までありがとうございました。

ヒラオカです。


迎えた平岡千秋楽、2月21日。

Letters vol.2『道』

オレたちDog on Backseatの出番までの流れは前回の日記にて。

最後となるSEが流れた。
一貫してずっとオレたちは同じSEでやってきた。
きっとこれからもこの曲を耳にするたび、オレはステージの情景を思い出す。

ステージに登場してからも、実はまだピンと来なかった。
これで最後っていう実感が湧いてこなかった。

三瓶、田島、平岡の3人で立つ、最後のライブ…スタート。

力の限り、精一杯やりました。
今回のライブはね。
ただただもう楽しもうと思ったんだ。
普段なら、やっぱり反省点やらいろいろと考えてしまうもんなんだけど、全部ぬき。
最後となる三瓶の音を、田島の音を、それに合わさるオレの音を、とにかく楽しもうと思った。


振りかぶった!
ふりかぶった

投げた!
nageta

何回こうやって、ステージ上で三瓶と田島の後ろ姿を観て来ただろう。


三瓶めっさ笑顔だ(笑)
笑顔三瓶

と思いきや、オレもめっさ笑顔じゃ
笑顔平岡

カメラを意識する平岡
カメラ意識平岡


楽しかった。
場内ギチギチに入ってくれたお客さんの顔も、本当によく見えてね。
みんな笑ってたよなぁ。
よかったなぁ。

あっという間に本編終了。

アンコール。

まぁいやらしくもアンコールのセットまで当然考えてたワケですが。

なんか曲はじめる前に写真とったりだの、長い話しだのと、グダグダやってごめんね。
オレ、どうしてもステージ上から、みんなと最後に写真とりたかったんだよね。
協力してくれてありがとう!

田島氏からいきなりのプレゼント。
当事者のオレが笑顔で受け取り、渡す田島さんが涙目。
なんでパンやねん(笑)

久しぶりの懐かしの曲、アンコール1曲目は『楕円に青歪む』。
これはDog on Backseatとして三瓶とオレで初めて作った曲です。
そのときまだ田島はいなかった。
初期のライブで数回しかやっていない幻の曲です。

終了後はそのままスピラへ。

そして、オレらを知っている人は十中八九最初から予想してたであろう、最後の曲。

わかってたけどね。
最後はアレだろうと思われている事は(笑)
でも、最後だからこそ、奇をてらおうとせず、そのまま期待に応えたんだ。

この3人で演るのが最後だからってんで、わざわざ遠い地方からもいっぱい来てくれた、忙しい中時間作ってきてくれた人や、久しぶりの人も、いつもの顔も。

柄にもなく、今回はMCいっぱいしたよ。

正直、もっとうまく言えたらって思った。
たぶん、思っていた事の半分もちゃんと言えてない。
感謝の気持ちも、うまく伝えきれてない。

予めちゃんと考えて整理しておけな良かったかなって思ったけど、でもオレそういうの嫌いだったから。
その時にしかないのがライブなハズだから。
発する言葉を別にレコーディングしてるわけじゃない。

つたなくても、言葉につまっても、その場にいるみんなの顔を見ながら、込み上げて来た言葉を、1つ1つゆっくりと話したよ。
予めオレの頭に描いてた言葉じゃなくて、あの場所にいたみんなに向けて思った言葉。
だから、つまんなかったかもしれないけど、いいよね。

さんざんMCとかも悩んで考えて、今までやってきた。
オレたちバンドスタイル的にまた難しい空気もあるしね。

でも、最後の最後、結果がどうであれ、オレらしいMCだったと思います。

ドッカンドッカン会場が爆笑の渦ってのも無理だし、場内感動の雨ってのも無理。
そんな技量ないからね。
オレ、あんなモンです(笑)

始まった最後の曲。

いつもは絶対に言わない事だけど、Dog on Backseatとして最後に演奏した曲は、主にメンバー2人に対して演奏した。

それは今まで一緒にやってきた感謝と、そしてこれから大変な道を歩む2人への叱咤激励。

そして、オレのドラムの音を、どうか覚えてていてくれ、と。
ヘッタクソだけど、これがオレのドラムなんだ。

ステージから客席もよく見えた。
いっぱい泣いてたね。
でも笑ってたよ。
すてきな泣き笑いだったね。
本当、いい表情してたなぁー。
作り物じゃない、人間の表情だった。あったかかった。

最後の1曲。

今までの全てをそこにつめました。

激しく、優しく、感情のままに。

そして、熱く儚い時間は終わった。

最後田島

最後三瓶

最後平岡

Resonance 0の最後の1打を叩いたとき、終わった、と込み上げて来た。
叩ききった・・・。
それはこのライブでの最後じゃなくて、この3年間での最後の1打だったから。

ドラムセットから立ちあがったオレを、三瓶がステージから降りずに笑顔で待っていてくれた。

オレたちは別に言葉もなく、ガッチリと握手して、泣きそうな三瓶を抱えて、最後のステージから去った。
最後三瓶と平
言葉なんぞいらないね。

こうして、Dog on Backseat平岡の最後のライブは終わりました。

まずは、最後無事に終える事ができた感謝の気持ちでいっぱいです。

気持ちが先走りすぎて、演奏面で最高だったかと言えば、今までで最高だったとは言えないと思うしね。

でも、散々シビアに練習してきたオレらが、最後の最後は気持ちが先走り過ぎて荒れるってのは、ある意味オレたちらしいかと思ったよ。

あの日、気持ちが先に立たなくて、何のやってる意味があったのかとも思う。

甘いとか逃げって言われるかもしれないけどね。

でも、オレたちは、少なくともあの日あの場所にしかない感情で、あそこにしかない演奏をしました。

だから、満足しています。

良い、ライブだったと思います。

それは、嘘、いつわりの無いむき出しのライブだったからです。

オレたちが、Dog on Backseatで大切にしてきたもの、今までやってきた事の意義は出せたと思っています。
あれがDog on Backseatです。

良かろうが、悪かろうが、あれがDog on Backseatです。

ありがとう。

今まで関わってくれた人たち、バンドマン、関係者各位、そしてなにより3年間苦楽をともにし、濃厚な時間を一緒に悩み、喜び、怒り、過ごして来てくれた家族同然なメンバーたち。

ありがとう。

オレは、幸せでした。

経過がウンヌン、結果がウンヌンでなく、オレは幸せでした。

もう、それだけです。

全てが終わり、やりきった後のステージ。
最後ギター

最後ドラム

Dog on Backseatのステージ、オレのドラム定位置、さようなら。
思いだけ置いていくよ。

この日、演奏した曲は、今オレたちにできるDog on Backseatの全曲。
文字どおり、完全に出し切った。

何年かぶりにやる曲なんかもあり、練習は大変だった。
まずは思い出してセルフコピーからだったから(笑)

オレらは曲が少ない。
3年近くやってて10曲って。
でもね。
それだけに、全ての曲に対して思い入れがハンパねぇ。
捨て曲ってものがない。
全部が全部、練り上げて練り上げて、やり直してやり直して、そうして完成した。
もとネタを三瓶がもっていた曲も、アレンジは全て大幅に変わった。
これでいいやっていう曲が作れない。
完全に納得しないと完成しない。
1割でも納得いかないのであれば、その曲はナシになる。
そんなやり方しているから、お蔵入りが増えて行く一方で曲が完成しない(笑)

スタジオやライブハウスで、この曲たちを今まで何百、いや何千回演奏しただろう。
少ないその珠玉の曲たちを、とにかくライブ実践で、現場で叩き上げてきた。
それがオレらのやりかただった。

この日、最後のセットリスト。
せっとりすと

セットリストに組み込んだ『気持ち』、入ってたかな。

このセットリスト表は、オレたちを大好きでいてくれる人にあげました。
オレ、字きれいだろ(笑)

終了後は、いろんな人たちにつかまり説教やねぎらいや罵倒をありがたく受けました。

しかし、あったかい1日だった。

心から感じました。

『平岡くんがいかに愛されてたか、よくわかる1日だったね』と言われました。

オレ、愛されてたんだな。

自分で言うな。

でも、オレがっていうよりも、Dog on Backseatの辿ってきた道のりが、そこに現れた気がしました。

そう思いました。

オレみたいなもんの何が良かったのかわからないけど、Dog on Backseatとして今まで何百人、何千人と関わって来たのかわからんけども、ちゃんと不器用なりに人と触れあえてたんだなぁと、しみじみ思いました。

本当、感謝の念しかわいてこない。

3年前に三瓶と出会って、結成し、何にもわからないオレたちは手探りで、何でもやってきました。
あれやりたいね、これやりたいねと言いながら、やりたかった事、ほとんど実践してきました。
わがままなバンドでした。

でもさ。

あの日、まだ何にも持ってなかったオレらが描いていた理想の絵図、あの日その片鱗が結構あったんじゃないかな。

どうだろう三瓶さん?

夢のようだね。あの頃の自分達からしたら。

そうして、この最後の1日。

終了しました。

多くの人たちの感情、熱。

その余韻を会場に残しながら。

あの日あの場所、同じ場所で同じ空気を共有してくれた全ての人たち、ありがとう。

あの温かさや熱は、オレらだけのものじゃなくて、そこにいたみんなのものだと思います。

ありがとう。

心から、ありがとう。

オレは、無事にDonBとしての最後のステージを終える事ができました。


・・・その2へ
スポンサーサイト
  1. 2009/02/26(木) 03:56:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<Dog on Backseat 平岡 その2 | ホーム | Letters vol.2『道』>>

コメント

気持はちゃんと伝わっています。
みんな・・・同じ気持ちだと思います。
  1. 2009/02/27(金) 11:47:05 |
  2. URL |
  3. 一恵 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://donb.blog48.fc2.com/tb.php/213-1a51bbe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

take-hiraoka

Author:take-hiraoka
Dog on Backseat

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。