beat sb hollow

ただひたすらに戯言を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨垂れ石を穿つ

どうもね。

ずっと日記書かなくてさ。

いざ書こうと思っていたらこの大震災で、書くタイミングを失ってさ。
正直なに書いても、ろくな内容にならないような気がしてね。

書くのが怖かったし、書く気にもならなかった。

あれから何しててもさっぱり落ち着かず、集中して何かをやることもできなかった気がする。

でも、やっぱり今は今の気持ちとして、書いておきたいと思ったから、書こうかな。

後から見たら、また気持ちも変わってるかもしれないけどね。
それでも、今思ってる、今の気持ちって大事なのかもしれない。

きっと今後、同じ気持ちになる事はないだろうと思うし。
(と、願いたい)

ヒラオカです。


津波も大変だった、地震も大変だった、そして原発も。

それは「だった」ではなくて、今も、そしてこれからしばらく続く進行形だ。

その事についてはオレなんかには何も言えない。

大変なのは現地にいる人たちが一番わかっている事であり、外部からなに言ったところで、本当の大変さなんかわかりっこない。

今はいろいろめちゃくちゃだね。

被害が少なかった東京でも、停電や物不足や、なんやかんやでまともに仕事を再開できていない人も多いね。

自粛モード、節電モードで、特にレジャー関連の仕事の人は仕事がねーわ、一生懸命仕事しても「電気つかうな」「いまいらない」と叩かれてばっかで、働かなくちゃ喰っていけない現実と、責められる理由の狭間で精神的に疲弊してる。

ソレを言っているキミらは、たまたま震災時に働いても不謹慎といわれない職種についていたにすぎないよ。
それに無職で無収入になって喰っていける蓄えがある人間ばかりじゃないんだよ。
そういう必死に生きている人を、クズだと思うか。
蓄えがないから底辺でいらないと思うか。
それはまぁ、アナタの人間性次第だろうけども。

しっかしまぁ、なんか、ギスギスしてきたな。

もう周りの空気感が、一変したよね。あれから。

買い占めがおこれば、盛大に買い占めしてる人をここぞとばかりに叩く。

原発の問題も、東京の電力のせいで福島が被爆してんだと責められる。

だから東京なんて停電して不便だなんて言ってんじゃねーと。

そうかもしれない。

ちなみに、オレの周りの人間は「一言も」文句なんて言ってない。

ものがなければあきらめる。

1つしか商品がなかったら人に譲る。

近い人間はそんなヤツばっかだけど、実際全体的には保身に走ってしまう人間も多いのだろうな。

でも、それすなわち「悪」って決めつけるのも短絡的だなぁと。

たとえば家族や子供の事を考えて物を買いためてしまうお母さんって、悪なのかな。

確かに感心できる行動じゃないかもしれないけど、それは家族を思う優しさから来ている行為でやってしまったのだろう。
周りから批判されようと、子供をまもりたいと思うのが親なんじゃなかろうか。

つっても心からのくそやろーもいるだろうね。転売目的とか。

ただ、全員が全員悪人なんじゃないってこと。

みんな余裕がないから、きっと何かのせいにしてハケ口を求めないと精神のバランスがとれないのかもしれないね。それはしょうがないと思う。

ただ、一概に一括りにするのはやめようね。

いたたまれずに自分で物資を届けにいった人までが勝手にそんな事をしたら迷惑になるとか叩かれる。

被災者の方が喜んでいても、不謹慎だと騒ぐのはアカの他人。

東北の被害が大きかった人たちが最優先されるのは、当然だ。

住むところがない人が山ほどいる。

そんなことに異論はないんだ。もちろん。

けれど、被害が少なくても大変な人もいる。

特大の大変な人を慮るあまりに、普通なら大の大変の人すら、何も言えなかったり。
普段だったら、皆に心配されるハズの人たち。

大変の感じ方や大小も、人それぞれだ。

人から「そんなことくらいで」って言われるような事でも、ストレスで体をダメにしてしまう人もいるって事だ。

もっと大変な人がいるから、それはどうでもいいっていうワケぁない。

だから、どうかみんな自分も大切にして欲しいと、最近よく思うよ。

みんな大変なんだから、ダメなんて言ってらんねぇ。

もっと大変な人がいるから、弱音はけない。

そんな空気が充満しすぎてて、ツラい。

オレがツラいんじゃなくて、見ているのがツラい。

まぁ今言ってることも、オマエは大した被害のない東京なんぞに住んでるからそんな事言ってられんだ、って言われたら、返す言葉もないし、オレも黙るしかない。

いま東京は叩かれてるしね。全国に。

原発の事もあるし、買い占めの事とか、いろいろあるんだろうな。
不満の爆発する要因は。

そう思う人は、それはそれで正解なんだろう。

けど。

「迷惑かけている東京人はオマエらは餓死しても喰うメシがあるなら全部東北に送れ!」と目をサンカクにしていきり立つ、アカの他人。

本当に被災地の人がそんな事望むと思うか。

今を精一杯生きている、被災地の人が、そんなくだらない言葉を思いつくと思うか。

それでいて福島の風評被害は~って言ってもさ。
東京のヤツは~って苦々しく言うのとどう違うのさ。それ。

両方クソだろーが。そんなものよ。

福島ってだけで放射能被害がうつるとか言ってるバカと、東京モンは~ってグチグチ文句言ってるヤツは、どっちも大馬鹿ヤローだよ。


おれは、新潟で生まれて新潟で育った。

今は東京に住んでいるけど、自分が東京人だと思ったことなんかない。

それでも、やっぱり悲しい気持ちはあるかな。
東京に出てきてから、右も左もわからずに手探りで生きてきたオレには、今では東京生まれで東京に育った気持ちの良い友達がたくさんいるからね。

オレは長岡市の高校を出てから、地元で就職し、建設関係の仕事で柏崎刈羽原発には仕事で毎日のように出入りしていた。

だから、ちょいちょい原発が不具合で停止したり、おいおい放射能もれてんじゃねなんて事も即時に耳に入ってくるし、それがニュースなんかで出てこないこともなんとなく感じてた。
あの頃なんて、ネットも携帯もない。
今よりも管理はずさんで適当でなあなあ。
誰もわからないし、外に情報漏れないからね。
オレもなんだかんだである程度は被曝しててもわからん。

それでも、現場の人はギスギスなんてせずに、ほがらかに、日々を楽しみながら一生懸命作業してたよ。
関電工や鹿島建設などのゼネコンのお偉いさんはいっぱいいたけど、現場で東電の社員を見かけた事1回もねーけどな。

日本最大規模の刈羽原発と隣り合わせに住みながら育ってきた。
東電から非常時の避難のお知らせとか、家によくチラシが来てた。
そんなもんでどうにかできるわけねーだろ、といつも苦笑してたな。
そんな危険なものと一緒に暮らしながら、それが関東への電力供給の為に存在しているって事も知ってた。

きっと、新潟で事故が起こったとしても、オレは年老いた親に無理矢理他の土地へ避難しろとも言わない。

オレも住んでたら、ここで何かあったらそれまで。そのまま生命をまとうすればいいと思っていたかもしれない。

だから、福島の人たちに「さっさと避難すればいいのにな」とバカにするような事も言わないで欲しい。

そういう人たちもいるのだ。

それが迷惑と思わないで欲しい。

確かに、日本のどこに住む自由だって、国民にはある。
危ないと思ったら逃げればいい。
それは個人の自由だよ。

でも、特に昔からそこで暮らす年老いた人たちなんかは、今さら他の知らない地で暮らすって事がどれほどの苦痛か。

まぁ、こんなこと言っても考え方は人それぞれだし、意味ないかもな。

ただ、オレはイナカにいる親を思うと、どうしてもそう考えてしまうのです。

でも関東の電力がどうとか言っても、結局はその恩恵を受けてきたからな。
資源のない日本は、原発のお陰で発展した。

オレは別に原発推進派じゃないよ。
むしろ今後こんな危険なものは無くなって欲しいと思う。
ただ、今の日本は原発がなければ電力がまかなえないのも現実だ。

それに甘えて調子に乗って新しい原発をガンガン作って、古くなった福島原発を使い続けて安全管理をないがしろにした東電はもちろんしかるべき形で責任をとることになるでしょうね。

でもね、ただ東京に住んでるだけの一般人に文句いったり責任を追及したって、決めたのも運営してるのも、一般市民じゃないよ。

政治経済の中枢が東京にあり、大量の電力を必要としているのであって、一般市民の生活の為に原発をわらわらと作ってたわけでもないでしょう。

だから、東京に住むだけの人を責めないでやって。

心を病んでしまっている人も身近にいます。

食料もままならず、仕事もままならず、しょうがなく外食ばかりで金が尽き、来月の収入におびえながら、それでも東北の人たちに申し訳なくて文句も言わず、避難所の様子を耳に目にして泣き、メシを減らして願いをこめて募金をする。

そんな人間が少なからずいます。

それで当の被災地の方に叩かれたら悲しいでしょう。
きっと、それでも募金をするでしょう。

何も文句を言うなとは言わないし、グチや弱音を吐いてもいいと思う。

でも、すごい大変な人が少し大変な人を叩いても、なんにも生まないから。

被害のほとんどない西の方だって、心を痛めて生活を削って募金をしてくれてる人とかいっぱいいると思うしね。

「どこが」どうとか、一括りにしちゃうの、やめよう。

どこにでもクソヤローはいるし、いいやつはいる。

ただそれだけのこと。

オレは、聖者でもないし、ムラのある、感情のある、ただのちっぽけな人間だから、やっぱり家族や友達が真っ先に心配になる。

だから、被災地でなくとも周りに大変な人間がいれば、心配になる。

オレが買い溜めすんなーなんて言ってられるのも、護る物のない1人身だからかもしれない。

赤子がいたら、真っ先にペットボトルをキープしに行ってるかもしれない。

オレには、大量に送ってやる物資を買い込む金もない。

呼びかけて大量に募金を集めれるような名前の大きさもない。

心配してるなんて何万回言ってても、被災地の方々の腹はふくれない。

だから、偽善でも売名でも、多額の寄付をしたり物資をおくったりしてる著名人や企業を、心から尊敬するし、感謝する。裏に存在する目的なんて今はどうでもいいんだ。

生きるためには、気持ちよりも物だよな。

だから、結局のところオレは何もしてない。

ここでいくら募金した~とか何とか言ってみたところで、企業や著名人の残りカスにも及ばないわけで、気持ちが大事とか言いつつも、現実的にはなにもしてないのだと思う。

オレにできる事と言えば、暖房を使わずに過ごしたり、なるべく電話で連絡しないようにしたり、弱っていたり泣きそうになっている被災地の友達の日記にコメントをつけたり励ましたりすることくらいしかなかった。

オレは無力だよ。

つくづくそう思う。

だから本当は何も偉そうなことなんて言えねぇんだ。役立たずだ。

で、役立たずなりに考えた結果、行けるようになった時に福島へ行こうと思った。
オレの顔をみて喜んでくれる友達が数人いるかもしれないってだけだけど。

そのときは原発がどうであれ、食い物がどうであれ、バカな話しでもして笑わしてやろーと思ってる。

いろいろ考えたけど、それしかできん。

友達にあって抱擁しあって近況話して、馬鹿笑いして。
何もしてやれない役立たずのおれだけど、直接触れあって少しでもストレスが減ったり、笑顔になれたなら、ほんの少しは役にたってんじゃないかと思えるかなと。

それは著名人や金持ちができない、唯一の事じゃないかと。

日々放射性物質が~とか、ニュース流れてるけどもさ。

大事なのは何年何十年先にガンになってるかどうかよりも、今という時間をどう生きていくかだと思うんだよね。

そうやって思ったことを実行して将来それが原因で寿命縮まるんなら、しょうがねーんじゃねーかな。

将来の安心を勝ち取るために、今というこれからの数年を無駄にしたくない。

今後、放射能汚染がどーであれ、地震がどーであれ、今、生きてんじゃねーのかと。

じゃぁ、いま、どうすんだと。

何がしてーんだと。

なんか無駄にだらだら書いちゃったけど、もうこんなんみーんなとっくに書いてるわかりきった事で、しかも大した内容でもない。

気分を害した人には謝罪します。

ごめんなさい。

オレも、まだまだ仕事も落ち着かず、ちょっとこれからどうなっていくかわかんないけど、今は柄にもなくとにかく頑張って、働いて、そして経済も回していかないといかんと思います。

いざ東北の人たちが立ち直ったときに、遊ぶところもなくなっていて欲しい物も手に入らない経済の死んだ世の中になってたら、帰る日常がねぇだろう。

金がある人は自分の事に使いまくってたって、ある意味貢献だと思うよ。

おれ残念ながらねーんだけどw

まずは自分の事をしっかりやって、参ってしまわないように、俺たちも自身を管理してさ。

それで被災地に助けを求められたら、手をさしのべよう。
それには俺たちもギリギリになって疲弊してたんじゃ、ダメだ。

娯楽も大事にしてね。

被災地の人たちも、もしできたら少しでもリラックスできる時間があるならいいなぁ。
生きるためだけでは、きっと精神が参ってしまう。

それと落ち着く為には、不安だし怖いけども、まずはしっかり現実、事実を知ることも大事だと思う。

そうしないと、ちょっとニュースで何かあがるごとに一喜一憂して安心したり不安になったりと、どんどん疲弊しく事になる。

だからオレはなるべく調べてる。
原発の事も、被災地のことも。状況は毎日変わっていく。

拡散希望!とかっていうのも鵜呑みにしない。
コレは!と思っても、それをすぐにワーッと騒いで広めて、デマってのが多すぎる。
落ち着こう。
自分が信じる信じないは勝手だが、人に教えて鵜呑みにしたらその人が危険な事もある。

まずは、これって本当か?って1回思おう。

何が危ないとか、今後どんな危険性があるかは、調べればわかることだ。
政府や東電の言葉はまるっきりアテにならないし、はっきり言ってクサイところは隠してるね。

まぁ昔からそうだ。特に原発は。
問題ありありでごまかしごまかしで運営してきてるから。

怖がらずに真実を把握しておくことは、今後の有事の際の自分の行動と判断に絶対に役立つし、無駄にあわてずに済む。
だから、可能な限り、現状の真実を調べる。

今の情報化社会は、昔と違って隠蔽なんか無理です。
探せばいくらでもウソはみつかる。

まぁそれが必ずしもあっている保証はないけれど、情報の取捨選択をするのは自分だ。

だから調べられる人はちゃんと調べて、いざというときはそういう人が、情報の得方なんてしらないお年寄りや、被災地で情報なんて探りようがない人たちを助ける側にまわればいい。

恵まれた環境にいるのに面倒くさくて何にもしなかった人に限って、いざ何か起こったら我先に助けて助けてと叫ぶ。
誰かが何とかしてくれると思って安穏としてた分、急なことに余裕がないからだ。

実際、西の方の人で、福井のもんじゅが今めっちゃやべー事になってるの知らない人もいるだろう。
福島原発から遠いから安心してても、実はもっと危ない爆弾が近くで爆発しかけてるよ。
コイツが逝ったら原発の比じゃないです。関西は全滅するかもと。東京もだけど。
オレはむしろこっちが怖い。
ただ、これも鵜呑みにしないでね。オレも自分の情報が絶対合ってるとは思わない。
ググッてみて下さい。

自分で調べられるものも調べないで、何か起こってから騒ぎ出しても人に迷惑をかけるだけ

何もせずに、何もしらずに、誰かに任せて考えないのは、とても危険だと思う。
やはりいざというとき、自分の身を守るのは自分だ。

そして、自分の力に限界を感じたときに、心から人を頼ればいい。
そのときはきっと誰か助けてくれる。



いやしかし。

あれから2週間たったんだね。

それでも今のこの現状ってのが、災害の規模の凄まじさを物語っている。

あの日、仕事中に公園に一時避難して、帰りは交通が全部麻痺で、歩いて家に帰った。

8時間かかって足を捻挫して引きずって帰り着いた。

あれがもう2週間前。

そういっている今も、すぐにもう過去になっていく。

生きてりゃー本当にいろいろあるもんだね。

子供のころは1人1台ケータイを持ち歩くなんて想像もできなかった。

人類が月に立つなんて。

自分が生きてる間にソビエト連邦がなくなるなんて、ベルリンの壁が崩れるなんて、誰が想像しただろう。

あのときキャプテン翼の最後なんてまだ「西ドイツ」と闘ってるからね(笑)

長岡でまだ働いているときには大水害で友達の家が流されて交通分断されて、オレの会社も水没した。

水没した会社を眺めながら「どうすっかなぁ」と談笑しながら一服してた俺らはなんとお気楽だったのだろうか。
昔ってこともあり、そんなときでさえ和やかな土地柄だったなぁ。

新潟の震災の時は、職場の人がみんなカンパしてくれた金を握らされて、「仕事はいいからすぐに実家に帰って手伝ってこい」と言われた。いい人たちだった。
高速も走れなくて新幹線は走れなく、やむなく空路で帰った。

オレの初フライトは、飛んで30分もしなくて着いたw
機体が上に向かってんなーと思ったら、下向いて着陸したからね。
一回も水平に飛行してないよ。

あのときも、いろんな人が寄付してくれて人のありがたみを知ったんだなぁ。
ウチは幸い壁が崩れただけだったけども、全壊した友達はいっぱいいた。

今はもう完全に復興して、あのときの震災の陰もない。

でも、忘れちゃだめなんだ。

教科書に歴史として載っているそれらを見ると、本当に自分が経験したことなのか、現実味を感じなくなってしまう。

これからもきっと、歴史的な事柄に何回もあいながら、人生を全うしていくのだろう。


明日はどうなっているか、来週は、来月は、来年はどうなっているか。

全くわからない。

わからないからこそ、今現在を全力で生きねばね。

今を全力で生きた結果が、未来であるならば、きっとどんな結末でもしょうがないだろう。

明日死ぬかもしれないし、何十年も生きるかもしれない。

みんな同じ。


もし、オレがじじいになるまで生きていた時は、書物や映像でしか知らないそのときの若い世代に、今回の震災の事も含めて、当時歴史を動かした、オレが体験してきた事柄を、話して聞かせてあげようと思うよ。


残っている上辺の動画や文字で綴られた「記録」なんかじゃなく、当時みんなどんな気持ちでいたのか、どうがんばったのか、生の「記憶」としてね。


それがじじいばばぁの役目だとおもうわ。


そんな壮大な事言う前に、まずは嫁みつけねーとな(笑)

いつまでも1人身で自由がきくぜーとか言ってる場合じゃねーっつんだよ。コノヤロウ。


あー最後はくだらないシメになっちまった。


落ち着いてさ。

みんなが笑顔になれるとき。


またくだらねーけど笑っちまう日記書くからね。


オレはまだ死なないよ。


だから、みんなまだまだ死ぬなよ。


今がどーでも、これからナンボでも楽しみが待ってるよ。


酒飲みながら、くだらねー事で涙流して笑おうな。

オレに出来ることがあったら言ってよな。


みんな大変だろうけどさ。

今度会ったらさ、ほんとなんもできねーし屁の役にもたたねーオレだけど、とびっきりの笑顔で行くから。

ひくなよな。

とびっきりすぎて。


そしたらどれだけ大変だったか、どれだけ心細かったか、遠慮せずに話して聞かせて。

オレには弱音吐いてグチこぼして。

オレをがんがん責めてもいいから。

でもあんま他の人責めちゃダメよ。


そしたら、あやまって1杯おごるからさ。


ね。

スポンサーサイト
  1. 2011/03/28(月) 02:06:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<爾に出ずるものは爾に反る | ホーム | バンド愛(原監督ふうに)>>

コメント

私も、なかなか言葉に出来ていません・・・

ただ今出来ることを懸命にこなすことと、せめて私たちは元気でいようと思っているだけです。

沢山の言葉は、私の心を代弁していただいたようでなんだかほっとしました。

みんなが笑顔で過ごせる日が一日も早く来るようにと祈っています。
  1. 2011/03/28(月) 09:15:50 |
  2. URL |
  3. 一恵 #-
  4. [ 編集 ]

そうですね。どうか元気でいてください!
とにかく今は元気な人間は笑顔でいましょう!
  1. 2011/03/30(水) 00:11:32 |
  2. URL |
  3. 平 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://donb.blog48.fc2.com/tb.php/263-f5309d6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

take-hiraoka

Author:take-hiraoka
Dog on Backseat

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。