beat sb hollow

ただひたすらに戯言を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

爾に出ずるものは爾に反る

どうも。

先日、テレビを見ていたら地震速報が出たので、ちょっと緊張して身構えていたら、いつまでたっても揺れは来ない。

あぁ良かったと胸をなで下ろし、テレビがCMになったのでリモコンでミュイーンと。


・・・リモコンでミュイーンだとぅ?


そう。


これ、録画でした。


そりゃ来んわ。



と、苦笑いしながらズボン脱いでくつろいだら本物がきてパンイチでキョドりましたが、そんな武勇伝は内緒にしておきます。

ヒラオカです。


9日の土曜、行ってきました。福島に。

もしDog on Backseatのツアーで、福島ライブが決行になったら同席させてくれと、前々から三瓶には頼んでいましたのです。

その際は、仕事も予定も都合もへったくれもなく、行く事はオレの中では決まっていました。

前日の金曜、仕事を終えた後に立川でライブを終えた彼らに合流して出発。

今回は、オレの周りの人間も大量に支援物資を集めてくれました。

俺は、支援するの当たり前なんです。
福島県民は大切な友達なんですから。

ただ、オレと繋がってるだけのライブハウスにも福島にも縁のない人たちにしたら、知り合いでもなんでもないんですよ。実際。

それでも

「オレ、ちょっと福島に凸ってくるわ」

と言ったら、自分の周囲に声をかけてくれたりもして、当たり前のように協力してくれた人たちがいた。

誰にでも出来ることじゃない。見返りはゼロ。

オレは、受け取る当事者と同じくらい嬉しかったよ。
なんだかんだあれから世の中は、罪のなすりあいやら罵倒やら、人間の醜い部分が露呈しまくっている気がしてゲンナリしていたけど、やはり人間も捨てたもんじゃねぇなと。

プラスで三瓶たちももっさりと段ボールに入った物資を積んできたし、オレもまぁ、わずかながらね。

みんなありがとう。

パンパンになった車で福島へ旅立つことができました。

途中寝てなかったさんぺー氏が

「オレ、ムリ、ウンテン、キボンヌ」

となったので、交代して東北道をひた走り。

福島区域で「災害規制80km」となっていましたが、実際地面がビッシビシにひび割れていて怖かったよ。

しかも急ピッチで補修したんだろうね。高速道路はもうツギハギだらけでボッコボコですよ。
きれいに直す時間よりも、一刻も早く道を通すことを優先させた判断は賞賛に値すると思う。
そのおかげで今、現地に行ける。

目にする家の瓦屋根にはブルーシートがかかっている。
雨漏りして大変なのだろう。

そんな様子を焼き付けながら現地郡山のスーパー銭湯、極楽湯に到着。

inして仮眠所で就寝。


・・・しようと思ったが、隣のサンオツのいびきが豪快すぎて寝れやしねェ。

シュワァシュワァコワチョココワチョコいってました。

なんだこのいびき。

どっから空気出てんだコレ。

と思ってたら、もう起床時間になってしまたので、さんぺーと共に男湯へ。

久々のハダカのぶつかり稽古だ。

こうしていると震災の影響など感じられず、すぐ近くで放射能がどーのって騒いでいるのも信じられないくらいのどかだった。

3「シャンプーとか持ってきてるからつかう?」

平「お!悪いねー」

平「髪のびたねーそんくらいだとシャンプーかなり使うんじゃない?」

3「そうなのよー」

なんてね。

もうね。








オマエらカップルなのかとね



ぬっくりとまぁ温泉につかってね。

いい湯だったよ。

・・・いつもの流れを期待している人には悪いけど、今回はまぁ不謹慎なネタは控えておくよ。


右ナナメ曲がりだったとだけ伝えておこうか。

大丈夫。

棒。

棒だよ。

損傷してなかったよ。


あ、言っちゃった。

ゴメンなさい。


サッパリしてライブハウスへ。

駐車場が陥没していて停めるのに手こずったよね。
じわれ


新潟震災を思い出すよ。こういう地割れバキバキを見るとね。
ウチの前もこんなだったからなぁ。
こんな絵面を見るような事が、もう無いといいんだけど。

すでに静岡よりTHE THREEが到着していた。

なんだかんだ話しながら、リハをさっくりと終わらせて、彼らと俺らで近くのヨークベニマルにメシの買い出し。

ヨークベニマルって言うと知らない人が多いんだけど、福島ではメジャーなスーパーよ。
いわきでもお世話になっとります。

店内は物が多くて豊富なのに驚いた。
東京の店のほうが全然ものないね。

それだけ、生産や物流が滞る中、被災地に優先して流してくれたって事だから、喜ばしいと思う。

店内少し破損してたりしてたけど、そんな中でも活気づいているのが嬉しかったよ。
今はどんなものでも、とにかく福島で金を使うことが役に立つと思っていたから、なんだかんだ買った。

帰ってメシ。

オレのメシだ。
しゅ


これと別にデザートで弁当買ったけどね。

スリーとわきゃわきゃして、久々の郡山の面々とわきゃわきゃ。

オレは来ること内緒にしてたから、反応はおもしろかった。

今回オレはDog on Backseatの福島への「支援物資」として積んでこられたモノだからね。

いろんな人間と触れあって、精神的に疲弊してる中、少しでもまぁ笑顔を引き出すのが命題だったわけである。

でも、みんな大変だろうに、素敵な笑顔でしたよ。
強く生きていく福島県民だ。

ピークアクションのオーナー、じょんにも再会。

やつぁービル倒壊でライブハウス再開のメドも立たず、苦しい精神状態の中、相変わらずだった。

無理しやがって。

でも、自分よりも人を心配してしまうヤツに、オレは個別に支援物資を持ってきた。


・米2kg

・300円当たっているグリーンジャンボ

・マニアック&ロリータDVD 20数枚


正直これで笑ってくれなかったらと思うとビビッていた。

不謹慎だ。

ただ、神妙な顔して心配の言葉を述べるのは、なんかオレとしては違う気がして、全力でいらなそうなものをかき集めたつもりだ。

いらねー!

って言われたかった。

いつも通りのスタンスで行く方を選んだよ。こんな時だからこそね。

そしたらよ。


アノ野郎。


迷惑そうにする?

いやいや。

めっちゃウケる?

いやいや。









涙目で感謝しやがった






一番気まずい反応できやがった!

ビックリするわ。

でも、気持ちもわかるような気がするけどね。

喜んでくれて(?)よかったよ。

もっと大変な人間なんて、確かに探せば尽きることなくいっぱいいるよ。

でもさ、自分の事ももっともっと大切にしろよと。
それが言いたかったのさ。

ソレが為のロリータだよ。

わかったな。


オレはよくわからんけども。


そして毎回オレの首筋に絶妙なkissをするのをヤメロ。

アフン

ってなるだろうが。思わず。



そんでイベントもスタート。

ライブ楽しかった。

ライブ中にも何度か地震がきた。

揺れるたびに、やっぱりみんな身構えるのが早い。

過敏になっているのだ。無理もない。
これが続いたら精神が疲れてしまうなと、心配になる。

そんな中、福島のみなさんは気合いの入った染みる歌を聴かせてくれた。
グッときた。

スリーはこの日の為に曲を作って音源にし、無料で配っていた。
福島県民の為に曲を作り、音源にし、フライヤーまで刷ってきたのだ。全て自腹で。

こんなことを誇張するでもなく、サラッとやって持ってきて配って、どうもねーなんて言ってる彼らはすごいと思ったよ。

大変な事なんだよ。これは。

さんぺーもこの日の為に突貫で作ってきた曲を弾き語り、歌っていた。


この日の郡山は、特別な日になったよ。
来て良かった。

オレが何をできたとかなんとか、そんなもんわからんけど、ただ、オレは来れて良かった。

そう思ったよ。

さんざん福島のみんなには優しくしてもらい、俺らみたいなモンを初めから気安く迎え入れてくれてね。
以来、昔からの友達のように接してくれた。

その恩は、これからも返さなければならない。

人として。

だって、俺らはいつだって本当に嬉しかったんだよ。

いつも暖かく迎えてくれる、おかえりなさいと言ってくれる事が。

東京モンは冷たい人間が多いと思われるのもすごいわかるが、地方ではそれが為に初めから遠巻きに敬遠される事も多い。

だから、優しく暖かく迎え入れてくれる人達には本当に感謝するんだわ。

原発問題も含め、地震津波の被害、これから時間もかかるだろう。

でも、それらが収束するまでは、オレの中で決して風化させないから。大変なみんなの事は。

また行くよ。


もっと大変ないわきからもきてくれたね。リカちゃんよ。
大丈夫なのか。

大丈夫じゃねーよな。

そんでもいつものように差し入れを作ってきてくれる。

こんな時だから、内部被曝すんのがイヤでいわきで作ったものなんか食えねーよとかホザく野郎がいたらひっぱたいてやろーかと思っていたら、みんなこぞって完食して煮卵の汁まで全部飲み干しやがった(笑


いらぬ心配とはこのことだ。

大丈夫だよ。福島県民。
少なくとも、キミらの周りにはそんなヤツしかいないw

今度は甘いモノ期待してっから。ムフフ。



打ち上げは朝までがっちり、地元の居酒屋で、ウマイ酒とウマイ飯を堪能してきたよ。
少しでも現地の経済の足しになれば、役に立てたかな。

この時期だけど、イベント開催してくたアサミちゃんもありがとね。
おかげさまでまたみんなに合うことができたし、少しくらいは元気与えられたかなぁ。わからんけど。

別に被災地とか関係なしに、普通に楽しかったよ。

朝、筑波にライブに向かうDog on Backseat連中とは別れを告げて、高速バスで帰路。

突貫スケジュールだったけど、みんなの顔が見れた心地よい疲れの中、寝て帰りました。
しかし長距離バスは背中とケツがふんだんに痛ぇぜ。

そしてさぁまたふんばって働くべかと。

そんな週末でした。


なんかオレの周りにはいないから、本当に風評被害とかあんのか実感わかないけどさ。

オレは福島の銭湯に浸かって福島のスーパーで飯買って福島の居酒屋でたらふくウマイ酒とメシを喰ってきたよ。

正直被曝してんのかしてねーのかなんてわかんねーよ。

見えねーしな。

まぁ、怖い人は避けるのも手なのかもしれないな。
それは自由だ。
別に責める理由もないし、小さい子を抱える親なら、なおのこと神経質になるだろう。

でも、そこは自己責任で行動願う。

あからさまに福島の人たちを傷つける行為はやめてね。

のほほんとした、いい人種なんだから。ほんと。


ただ、オレにはあるんだかねーんだかわからん放射性物質を避けるよりも、福島の友達の笑顔を見ることが最優先だったってだけだ。

人が立ち入れねー区域に突入していってやろーなんて、オレもさすがに思えないよ。

でも、郡山やいわきなんて、普通にみんな暮らしてんだよ。
そこで生きてんだよ。

だったら、俺らが会いに行くさ。

郡山やいわきで浴びた空気で、どんだけ命が縮まるってんだ。

今生きているオレは、何十年後にガンになるかもなんて思うよりも先に、くたびれてるみんなに笑顔を見せたいよ。

原発の隣でも、あんなに楽しく笑顔で酒飲めるんだぜ。


オレの実家は新潟。

福島原発が廃炉になるであろう今後、東電にフル稼働で酷使されるであろう柏崎刈羽原発は近い。

しかももう古いから不都合は隠蔽しながら無理矢理使ってるし、すぐ不具合出て停止してるし、規模は国内最大クラスだし、めっちゃ福島に似てるよ状況は。
あのクラスの地震津波来たら、まぁ同じ道たどるだろうな。このままでは。

そっちで何かあったら、きっと今度は助けられる側にまわる。
オレの家族や親戚も。

人ごとじゃねーんだよ。


みんな考えてみろ。

自分が当事者になったとき、どういう言葉が悲しいか、どういう態度で傷つくのか。


別に震災時に限ったことじゃねーけどな。

それでも言ってしまうこともある。

誰だってあるよ。

でも、それで傷つけちゃった!と思ったら、素直に謝って許してもらおう。

それでいいんじゃねーかな。

なんの失言も失敗も許されないなんて、誰も生きていけないしな。

失敗したらごめん!って心から謝って、笑顔で肩たたき合えばいいんだよ。

オレも、福島県民を傷つけるような事とか書いちゃってたらごめん。

怒ってくれ。

でも、そしたら謝るから、また笑顔でつきあってくんねーかな。

虫が良すぎるかな。


でも好きなに人たちとは、ずっと一緒にいたいだろ。



また、オレは福島いくよ。

いわきにも行かなきゃならない。

小僧っこムスメっこどもの頭をわっしゃわっしゃ撫でてやりにね。

よく頑張ったねってね。


まぁ、東京でも放射能が怖い人たち、オレを見てなよ。

オレがどうなるかね。

ふんだんに福島満喫してきたからさ。

福島県人がイヤなら、オレにも近づかなきゃいいよ。同じだ。

別にイヤミでもなんでもなく、それは自由だと思う。

ただ、オレは、もう福島っ子と同じだぜ。


ふっはっは。


最後に改めて、物資を集めてくれた全ての人たちありがとう。
オレと直接面識ない人も、本当に感謝です。

自分が買えないからオレに買ってと現ナマでくれたtaaさんもありがとう。

こおりぶし


直接運んでくれる人にも、お会いしました。

とても喜んでくれていました。

みなさんの気持ちは、きっと現地に届いています。

オレ前の日記で、気持ちじゃなんの役にもたたんと書いたけど。

直接的な物だけが嬉しいんじゃなくて、その物に込められた「自分を助けてくれようとしている思い」が被災者の方々の精神を救うこともあると思うんだ。やっぱり。

だから、きっと大きな力になると思う。

結局物事はやるかやらないか。

行動したみなさんの思いは必ず何かのカタチをなしているハズです。
ネットで文句や批判を繰り返しているよりも、ラーメン1個でも送ってくれた人の気持ちの方が強い。

強いし、暖かい。


そんな特別な事じゃない。

みんなで、いつもよりも少しだけ意識して、東北を盛り上げていってあげましょう。


東北は美しいんだぜ。

スポンサーサイト
  1. 2011/04/18(月) 00:09:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<HERO 11話【長編】 | ホーム | 雨垂れ石を穿つ>>

コメント

ありがとうございます

私はたぶん被災されたところに行くことはできないと思います・・・
みなさんが伝えてくださるたくさんの愛、私なりにできることを続けよう!!と思えています。

無事のおかえり何よりです。


相変わらず甘いもの大好きなんですね。
  1. 2011/04/20(水) 09:39:14 |
  2. URL |
  3. 一恵 #-
  4. [ 編集 ]

レス

みんなが自分のできる範囲でやるのが大切だと思いますー。何事も自分あっての事ですからね。
長くスパンで助け合っていくのが重要になりそうですね。
甘い物は・・・ボクの血肉ですね。
  1. 2011/05/08(日) 04:12:13 |
  2. URL |
  3. 平 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://donb.blog48.fc2.com/tb.php/264-39c8238a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

take-hiraoka

Author:take-hiraoka
Dog on Backseat

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。