beat sb hollow

ただひたすらに戯言を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書を以て御する者は馬の情を尽くさず

昨日、道を歩いていたら小学生の集団に出くわしたので、ニマニマしながら見守っていたら


「ちょっとどいて」


って言われて路肩に避けました。


どうも。


竹野内豊です。


昨日さー、帰りに夜道をテクテクと歩いてたらさー、なんかフと昔の事を思い出したんだよね。
懐かしくなったんで書いてみる。

今回は本当にただの想い出話しに成り果ててるので、興味ない方はトばしてください。

もしくはミヤネ屋でも見てて下さい。



昔オレは渋谷の飲食店で働いていた。
渋谷ではいろんなトコを転々としていたのだけど、その中の1つ。

そこは2Fが喫茶店で、3Fがキッチンバーになっている。
キッチンが3Fにあって、2Fと3F両方の料理をそこでまかなう。
2Fのオーダーはインターフォンみたいなヤツで通されて、できたらちっさいエレベーターで下に降ろすという仕組み。

ここは店長が適当なんだけども、いい人で、男気あふれるナイスミドルだった。

土曜日は朝店に出てきてから、その日の仕込みをし、まずやる事は2人して日曜日のレース(競馬)の予想だった。常に土曜はスポーツ新聞持参ですよ。
競馬新聞は高いから買わない。

で、昼のラッシュが終わって落ち着いてくると、『じゃ、オレこれね』と予想を書いた紙を渡される。

で、渋谷のJRAにオレ向かう、と。
むろんこれは休憩ではない。タイムカードも押さない。ある意味仕事ですから。
そう、店長のパシリという仕事・・・。

いっつも行かされてるから、オレもついでに買うようになったんだけども。

土曜の昼間の馬券売り場は戦場です。
ちょっとした社会の歪みがそこに集約されています。人生劇場です。

モニターに向かって叫んでるおっさん。
その叫びからは、魂の奥底からわき出ている生命すら感じます。
ガキの遊びとはわけが違いますから。

外には、はずれたのであろう馬券を握りしめながら、ガックリうつむいてるおっさん。

・・・・・完全に目が死んでます。もはや釣り上げてから5時間は経っている魚の目です。

もう明日になったらマレーシアあたりに飛んでんじゃねーかとまで思わせられる形相です。
ありゃー人生かけてたな。

そんな悲喜こもごもの中をキッチンコート(白いヤツね)来た若造のオレはふらふらと歩いて馬券を買い、先週分のアタリ馬券があったら換金し、またふらふらっと帰るワケです。
そんな毎週土曜の午後。

でも店長っつっても、その上には会社として社長やら常務やらがいるから、見つかったらクビがすっとんだろうけどね( ̄ー ̄)

元来いいかげんでアグレッシヴな人間とやたら波長が合うオレとしては大好きだったなぁ。

『ゆっくりやすんでねー』って言われてゆーっくりと昼寝してたら、店が忙しくなってきたらしく『いつまで寝てんだよ!』っていきなり怒鳴られたりしてなぁ。


・・・・いや、あの、アンタが・・・だって・・・(゜゜;


みたいな。

奥さんいるくせに女の話しかしねーし、酒ばっか飲んでるし、ギャンブルは大好きだし、キレやすいし、欠陥だらけの人だったけど、やたら面倒見がよくて、金ないくせにやたら恰幅がよくて辺に男らしくて、いいアニキだったな~。

そんでバーの客はこの人を慕ってくる常連ばっか。
オレもバーテンやってたけど、酒の席にありがちなトラブルは全てこの人が瞬殺してた。
力づくで・・・(^ー^;

他の従業員もみんな仲がよかった。
いい歳こいて競ってビックリマンシール集めてたり、仕事しねーでゲームボーイばっかやってたなぁ。厨房で。

ある日、いきなり夜に店から電話来て、なんだと思って出たら『店が火事で燃えたからさ』とか言われた。

またわけわかんねー冗談言いやがって…と思ってたら本当に燃えてたねぇ。
ありゃービックリしたわー、翌日の新聞の片隅に見事に載ってたな。

しかも店長だしね。ビル燃やしたの。
油が大爆発したらしいけど・・・いちいちやることが豪快なお人ですわ。
まさかビルまで燃やすとは(笑)

いろんな事があったなー。濃い職場だったわ。

そんでね。

その従業員の中で、M田さんという人がいた。
比較的後期に入ってきた新人なんだけど、おっさんなのね。

おっさんなんだけども、バイトなのよ。

コレがまた絵に描いたようなデキない人で、濃い人だった。
他の人間もみな濃い職場の中でも突き抜けて輝いてたよ。

ある日、ホールに人がいなかったから、オレが下の喫茶店を手伝う事になった。
その日はそのM田さん1人らしくて、それは無理って満場一致してオレがかり出された。

当時は長かったオレが店のNo.2みたいになってたから、店長がいないから責任者ってことで。

でもオレは死ぬほどイヤな予感がしてた。

案の定大暴れしてくれたし。M田さん。

コーヒーをトレーに乗っけてプルップルしてるから、『大丈夫?こぼさないでねM田さん!』って声かけたら、クルッとこっちを振り向いて親指をビッと立てて、


OK!(`・ω・´)



・・・・・いや、今どき親指立てて『OK!』て。

と思ったのも束の間、カッシャーン!

ま・・・まさか!と思ったら、案の定ホットコーヒーをスーツの男性にぶっかけていらっしゃいました。





あちちちちちちちちちち(`Д´)





す!すみやせん!





あーもう!

しかも『すみやせん!』ってどうよ。

あげくの果てにもうテンパってるから『M田さん、もういいですから奥に行ってていいっすよ!』って言ったら、ナニをあわててんだか自分のこぼしたコーヒーに足滑らして思いっきり転んでるからね。

客も店員もビッショビショのコーヒーまみれで阿鼻叫喚っすよ、もう。

そんな伝説はしょっちゅうで、1万円もらってんのに小銭しかお釣り返さなくて客に怒鳴られてり、買い出しに行って全然間違ったもの買ってきたあげくにお釣り全部落としてきたり、、、。

でもねー。

腹も立つんだけども、いい歳こいて毎日毎日怒鳴られて、それでも 必死にがんばってんのよ。
めげずにがんばってんのよ。

なーんか憎めなくてね~。どこか。

3Fの厨房の入り口って、ちょっと狭くて頭をかがめないと入れないんですよ。
オレですらそうだから、身長がやたら高かったM田さんなんて、もっとそうだった。

でも何回来ても頭ブツけるんですよ。この人。

2Fから緊急の用件とかあるときは、インターフォン使わずに直接言いにくるんですよ。
インターフォンで話すとお客さんにも聞こえちゃうからね。

その言いに来る役目を仰せつかるのはいっつもM田さん。

別にそんなに急がなくてもいいのに、階段を全力疾走してぜっはぜっはー言ってよだれまき散らしながら来るんです。

そんで、『平岡さぁ~ん!』てでっけー声で叫びながら走ってくる。
こっちに向かってくる。

もうわかっているオレは、『M田さん!天井気をつけ・・・』





ガッッ!






あつぅ!!いたたたたたたたた(`Д´;






頭を抑えてうずくまるM田さん。

だから話し聞けよ!

やがて涙目で『全然平気ですよー』って。
そして『あれ?なに言うか忘れちゃった』って。

ナニしにきたアンタ。

ここまで痛い思いすれば学習しても良さそうなものだが。


2~3時間もするとまた・・・。


ぜっはぜっはー言ってよだれまき散らしながら階段を全力疾走して来るM田さん。

そんで、『平岡さーん!ひ~ら~お~か~さぁーん』てでっけー声で叫びながら走ってくる。

オレはアムロに呼ばれるマチルダ中尉か!(機動戦士ガンダムより)

その声は向かいの雀荘のオヤジが『何事じゃい!?』と顔を出してくるくらいに無駄にでかい。

そしてこっちに向かってくる。風をきって向かってくる。

もうほとほとわかってきっているオレは、『M田さん!天井!天井ね!気をつ・・・』





グワシャッッ!!ゴッシャァァア!!メキィィィィ!






っごわピっ!いたたたた!(`・ω・´;




頭を抑えてうずくまるM田さん。
だから話し聞けって言ってんだべが!

『っごわピっ!』て・・・今までに人生で聞いた事ない声で鳴いたよ、この人。
全力で鉛のかたまりにヘディングかましてんだからなぁ・・・死ぬぞそのうち(^ー^;

やがて涙目で『全然平気ですよー』って。

そして案の定、ちょっと無理矢理笑いながらまた言うんですよ。
『また忘れちゃったよ・・・』って。

哀愁ですぎですから・・・華の40代まっさかり。

そんなM田さん。
イラつくんだけど、なんか憎めない。

ある時、非常階段でタバコすってるM田さんを発見した。

別にいつでもタバコ休憩はしていいし、中に吸うトコもあるんですよ。
しかもオレに観られてるの気付いて、ちょっとギョっとしたし。

いやオレ上司でもなんでもないしエッライ年下だし。
たぶんいっつも常務やら社長やらに怒鳴られまくってるからもうクセついてんだなぁ。
でもなにもそんなトコで隠れて吸わなくても・・・中学生かよ(^▽^;

オレも一服しながらしばししゃべった。

そしたらM田さん『オレねー。一生懸命がんばってんだけど、どうしてナニもかもいつもウマくいかないのかなー・・・』って一言、遠く空を観ながら言った。

・・・そうだね。アンタは悪くないよ。一生懸命やってるもの。

とか思ってしまった。オレは普段は絶対にそんな事思わないタイプなんだけど。




もうこんなハナシは十年以上も昔の話しなんだけどね。

『おれ、コレで喰ってくのが夢なんす』って、嬉しそうに大事そうに古いカメラを持ってたM田さんの顔が忘れられない。

世の中、やればなんでもできる人ばっかじゃないんだよね。実際。

夢をみて、本気でがんばって、それでも結局ダメでどうにもならなくて人生を変えていく人が、いったい東京だけでもどれだけいることか。

軽い気持ちでやって成功しちゃう人もいるだろう。

すぐに諦めちゃう人もいれば、40過ぎでバイトしてもまだ続ける人もいる。
しかもハタからみてても、絶対に無理だなーって思っちゃうM田さんだ。

むろんすぐに諦めるのが悪いって事でもない。好き好きだな。

きっと、40過ぎてあがいてるM田さんがみっともないと大半の普通の人には映るでしょう。
でも本当にそうかな。

そう言いながら蔑んでM田さんを見ていた社員の人たちは、当時オレにはくだらない人間に見えた。

じゃぁアンタらには何があるの?

人並みに仕事ができる事?
世間の常識がまぁまぁ備わってる事?
そこそこ普通に金を稼いでる事?
そこそこ普通の容姿?

ダメなのに諦めきれないほどの事が人生にあるM田さんって、アンタ方より下なの?

どっちの人生が濃いの?


確かに人生は平等じゃないよ。
あきらかに能力的に優れている人と劣る人は、はっきりと存在する。


でもね。
やっぱり大事なのはそれをやることに対しての気持ちなのかなぁ。
自分の人生で何をやりたいのかハッキリしてる人って、きっと幸せなんじゃねのかなぁ。

とM田さんのことを思い出しながら思った。

きっとあの人はナニやってもダメな人なんだろうけど、オレはきらいじゃなかったよ。

話しもつまんないし、趣味もなにも合わないし、年代も違ったけど、むしろちょっとスキだったのかも。

まー理屈じゃないよね。

あの人は何一つまともに仕事できなかったし、迷惑ばっかりかけてたかもしれないけど、オレの心には何かを残してくれたんだから。
どんなに仕事ができたってナニも残らなかった人もいる。

社長や常務なんて顔も覚えてねーよ。

ありがとうM田さん。
なんとなくお礼が言いたくなりました。


今回は渋谷のマニアックなキッチンバー&喫茶で働いていた頃の話しでした。

都会は本当にいろんな人がいて面白かった。
人それぞれいろーんなバックグラウンドがあったりね。笑える話しばっかじゃねーけど。

あの時代の東京、渋谷。

いろんな人と触れあってきた。
楽しかった。
怒涛のごとく、駆け抜けてきた20代の青春がそこにあった。

幾多の人と出会って通り過ぎてきたけど、みんな今頃どうしてんのかなぁ・・・。


なんかフとした想い出から、やったらと長々と書いてしまった。

ま、タダの個人の想い出話しですから。


いろんな出会いによって今のオレっていう人間があるからね。

いろんな人に影響受けて、いろんな人に何かをもらって、今のオレの考え方や生き方が構築された。

でもやっぱ、みんながやりたいことやって精一杯生きれるワケじゃないんよ。

自ら命を絶ってしまった人もいた。

事故で亡くなった人もいた。

生まれつき障害を抱えた人もいた。

望むハズもないのにいきなり片親にされて、大人や社会に言いようのない反発をしながらもヒネくれないで明るく生きてる身内の子もいる。


そういう事思うと、オレの考えてる希望や悩みなんて小さすぎるほど小さい。

でも小さくても大事なもの。

まず元気に生きてることが絶対に第一!

夢の為なら命を捨ててもいい!なんて言っちゃだめだ。

生きてなきゃ意味ないのよ。

普通に生きれているから、いろんなものが観れるんだよ。
生きていく中で、いろんな事を楽しむ。

ナニも楽しいことがないなら、1日1日楽しいことを探して生きていきましょ。

明日になればなんかあるよ。

明日無ければ明後日が来ればなんかあるからさ。

明日からも、とりあえずでいいから生きていこうよ。


オレも、これでいいのかいいのかと日々思いながら、それでも毎日メシ食って、寝て、外に出て、それなりに笑い、それなりに楽しみ、日々生きています。

悩みは尽きない、寂しいこともある、不安は無くならない。

人に悩みをぶちまけるのは苦手だ。

きっと、オレよりも周囲の人の方が大変だし悩んでいるだろうと思し、一緒にいる人には笑っていて欲しい。


それでも、形にならない大事な何かを探しながら、まだまだオレは生きていくよ。

親や家族、友達、今まで一緒に居てくれた人たちは、物なんかでは替えの効かない、オレの人生の宝です。

ありがとう。


オレぁー最近は車の長距離移動が多いから、ずっと音楽をランダムで聴いてるんだけども。

昔はそんなに好きじゃなかったけど、今聞くとすげーいいなと思ったり。
ずーっと聴いてなかったけど、あらためて心に染み入ったり。
マジマジと歌詞を噛み締めて読むと、すげー今の自分に入ってくる内容だったり。

音楽や楽曲って、聴く時代や年齢によってもまた違う聴こえ方をするのだな、と思ったりした。


さーさー。
仕事すっかな。
あーやだやだ遊び行きたい。






何不自由のない暮らしだな だけど何か満たされぬ
そんな夜もあるだろう そんな夜もあるだろう

何を恐れているのかも わからず街を飛び出した

必死でつかもうとしている栄光は
大きな意味を明日に投げかけたとしても
望まない結末もある

繰り返す暮らしの中で
避けられぬ命題を今
背負って 迷って もがいて 真夜中

出口を探している 手探りで

賽を振る時は訪れ 人生の岐路に佇む
共に見た数々の夢を 追いかけ
汗を流す仲間もいたな

声を上げ駆ける少年を 振り返る余裕すらなく
擦り切れた若さの残り火 この胸にくすぶらせている

「未だ 夜明けは遠く」

「生きてゆく為の賢さを 今ひとつ持てずにいるの」と
誰かがふいにボヤいても それはみんな同じだろう

細やかな喜びの為に いくばくかの情を捨てた時
夢を大事にしろよなんて いつからか言えなくなっていた

独りにはなりたくないと 泣き濡れた夜もあったな…
あの日々の2人がなぜに こんなにも愛しく見える

ずいぶん遠くへずっと遠くへ
2人肩をならべて歩んだけれど

愛は愛のままじゃいられず いつか形を変えるだろう
共に生きる家族 恋人よ
僕はうまく愛せているのだろうか

よくできた解答の果てに 悩みぬく世の中はなぜ?
平凡で手アカのついた言葉でも 愛してると伝えてほしい

親(あなた)の言葉も聴こえなくなるほど遠くに来ました
幼い頃の子守歌を手に

夜明け前 独りで高速を走った
過ぎゆく景色 季節
思い憤り全てを越えてみたくて

賽を振る時は訪れ 人生の岐路に佇む
今いる自分を支えてくれた人
この歌が聴こえてるだろうか?

祈るような毎日の中で もっと強く生きてゆけと
少しだけ弱気な自分を励ます
もう戻れぬあの日の空

人の優しさに触れた時 なぜか想い出すことがある
初めて独り歩き出した 幼い僕を見つめるその愛


PURE SOUL / GLAY


今の自分にはなんかグッと来るわーGLAYパイセン

スポンサーサイト
  1. 2014/02/13(木) 17:40:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ | ホーム | 朱に交われば赤くなる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://donb.blog48.fc2.com/tb.php/296-c8ee93e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

take-hiraoka

Author:take-hiraoka
Dog on Backseat

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。