beat sb hollow

ただひたすらに戯言を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

禍福門なし唯人の招く所

まいどありがとうございます。

余談。

出だしから余談って意味わかりませんがね。

ウチの親のオレの車の扱いったらヒドいんです。
完全に農家の軽トラの如く扱われますんです。

畑に連れて行かれては「ホラ、後ろあけれ」と言われるやいなや、泥だらけの大根をドッサドッサ放り込まれ、ある時は土だらけの長ネギをどこの市場に卸すんだってくらいドッサドッサ放りまれ。

知ってます?長ネギのフレグランスって凄まじいですよ。
何十本も車に詰め込まれてごらんなさい。
おろした後も一週間くらいは車内に強烈な長ネギフレグランスがこびりついております。

なんかニガイんですよ。

人を乗せるときも「オレの車ちょっとニガイけどいい?」って確認をとるハメになります。

「オレの車トラックじゃねーんだよ!」ってセリフを何度言った事かわからないワケですよ。もう。

そう。何度も何度も言ってきました。

あまりに言い過ぎて、もうついに


「オレのトラックはトラックじゃねーんだよ!」


って意味わからないセリフになっちゃったからね。

もうこんがらがって、オレのトラックって自分で言ってもうてるやん。


オレのトラックは今日も元気に走ってます。


一度でいいから見てみたい。
女房がヘソクリ隠すトコ。

平岡です。


さてさて。

また、一つお歳を召されました。

でも、病気もせず、ケガ…はしまくったけどまあ大事なく、無事に五体満足でピンピンしてまた誕生日を迎えられたって事に感謝したいと思いますよホント。

最近は同年代でも病気になったり手術したり入院したりなんてのがやたら多かった。

何事もなく次の誕生日が来るのが普通で当たり前ではないんよね。

それなりに大怪我するような場面もちょくちょくあったり、決して健康的な生活をしている訳でもないのに、今日まで大怪我も大病もくらってないのは、単純にきっとオレは運がいいだけなんだろうとも思う。

願わくばこの運の良さが寿命まで続いてくれればとも思うが、まあそうもいかんのだろうね。
きっとどっかで崩れる時がくるのかもしれない。

でも、そのときまではまー生きていようと思いますよ。
やりたいことまだまだいっぱいあるし。



気づけば新潟県民になってもう約3年だ。

はえーはえー。

でもまぁ、あっという間な気がするけれど、思い返せばいろ〜んなことがあり、割りと中身は濃かったのかもしれないなあと思う。

最近引っ越したのだけれど、考えてみれば新潟に来てすでに3カ所目の住居。

ペース早すぎねえかw
どんだけ引っ越し好きなんだよって話ですが、好きでもなんでもないしめんどくせーしできれば落ち着きたいわw
状況的にそうなってるだけなんだよなあ。

まぁでも、今のニュー住居は腰を落ち着けれる…ような気がする。


でもね、やっぱ地元で実家に住める人は、実家に住んだほうがいいよなって改めて思いますよ。

そういうこと言うとよく、「家にお金入れてるから変わらない」とか「そんなに食費かけてないし」とか言われたりもしますが、全然次元が違いますよ。
オレは一人暮らししてもう20年近くになるから言えますが、そんな甘いもんじゃないっす。

あと、一人暮らししてたし!って言われても学生で親の仕送りもらってた数年くらいの一人暮らしとかは、カウントに入れられないかな。
だってそりゃー生活費の工面や生き死にの心配なしで自分の事だけちゃんとやってりゃいいんだったらいくらでも余裕もってできちゃうしね。
家事でも生活でも。

控えめに甘めに計算しても(新潟価格)例えば、家賃50000+公共料金15000、これだけでもう65000円。
加えて、一人なら切り詰めてもまぁ食費25000〜30000くらいはかかるでしょう。
それだけでもう90000〜95000円。
更に生活用の消耗品費は毎月かならずかかります。なにかしらかかります。
ネット回線は引くのかとかでも変わるし町会費が別でかかるのか駐車場代は別でかかるのかと、色々条件によって出てくる。
よって、実家にいるときに比べなんだかんだで、毎月+10万〜12万くらい見るのが妥当でしょう。

実家に金入れてる人は、10万−毎月家に入れてる金が、一人暮らしした場合に毎月追加でかかるって事です。
あくまで最低限の金額です。

安い古いトコに住み、食費もほぼ全部使い回しの自炊とかで、ストイックな生活で頑張れるならもうちょい落とせますが、普通に一人暮らしするんであればまあ+10万じゃ無理だけどねw
何にでも毎月毎月、余分な金は出て行くものです。
計算しているよりも、必ず多く出ると思ったほうが良いです。

って考えると、すげー無駄でしょ?w一人暮らしって。

同棲とか、嫁旦那と暮らすなら話は全然別だけど。
一人暮らしのコストパフォーマンスの悪さは尋常じゃないのですよ。

実家に居れるのであれば、その金全部手元に残せるわけだかんね。

まあそれも親がご顕在で実家を維持してくれてるの前提なんだけども。
自分で固定資産税も払って、一軒家のたっけぇ公共料金も毎月払うとなると、賃貸の一人暮らしのほうが全然安いからです。

もし実家に生活費入れてるのと一人暮らしするのでそんなに変わらないと思ってたら、やめとけwと言いたいです。
一千万貯金したとか、新車買ったとか言ってられるのは、全て実家にいるからですよ。

はっきり言って、年収500万以上でもない限り、同じ事をするのは「無理」です。

ま、それと引き換えに悠々自適なプライベート空間で暮らせるので、好き好きだーね。
大金と引き換えにプラスもいっぱいあります。

まず実家でしか暮らしたことがない人に比べ、生活能力やお金の概念は根本から違ってきますし、やっぱり自分で何とかする、自分の全ての結果の責任をとるという意識が当たり前になるので、自立するっつーか、せざるを得ません。
全部自分で解決するしかないから。

でもこれは一概には言えないかな。
実家に居ても家事から何から親の代わりに毎日やってる人もいるし、または実家の維持も生活も含めて既に金銭的に親を養ってる人もいるワケでね。
そういう人はむしろ自分の事しかやってない一人暮らしものよりもすごいワケで。

あくまでもオレ個人の実感としては、女性はわりとやるようになればやるのでまた話は違うんですが、実家からロクに出たことない男はわりと地雷が多い気がしますw
偉そうに語るけど何もしらねーなにもできねー。何かあればキョドるしすぐに人を頼る的な。。。
いやあくまで多いってだけよ。これももちろん一概には言えませんよ。
オレは違うよ!ってひとはすんません(笑)

とりあえず一人で生活してると、手に入るのは「自由」と「責任」ってトコですかね。
手放すのは「金」と「人といる安心感」かな。
結局どちらがいいかはその人の好み次第だろうね。

オレは事情的に実家に住みづらいのと、独り立ちに慣れすぎて今更実家じゃ暮らしにくくてしょうがないから同居はもう無理だけど。

悠々自適な反面、それを維持するのに、とてもとても頑張っています・・・実家いたらどんだけ金ためれてんだって思うこともあるけどね。

そんでも結局オレも、一人暮らししたいって人にしないほうがいいよとは言わないかもなあ。
確かに金は無駄と言っていいほどかかるし、非効率的なのかもしれないけど、オレ自身、一人暮らしが好きだからね。

今まで引っ越していろんなところに住んできたけど、その場所その場所でまた違った思い入れとかできて、ってのも割りと好きなんだよね。
それがまた人生の豊かさみたいなものを産んできた気もする。



前の部屋ってのはさ、なーんか折り合いが悪いっちゅーかなんていうか、色々あってすげー早く引っ越したかったのよね。
だもんで新しい良い所が見つかったときはテンションあがったし、早く引っ越したかったワケさ。

引っ越しは9割全部自分一人でやってた。
日中仕事をして、夜になったら車にパンパンに荷物つめて2往復してとかってのを毎日繰り返してた。

そうやって動き始めると不思議なもんでさ。
新しい住居にいって、荷物運んで、ふー今日はここまでと元の部屋に戻ってくると、すげー安堵感あるワケ。

あんだけ嫌で引っ越したいって言ってた部屋なのにだよ。
新しいとこから帰ってくると、すげー安心すんの。

なんだよこりゃって一人で苦笑しながらそんな気分を毎日味わってたけど。

最終日に部屋を掃除して、ここにベッドがあって寝てたなあと思ったり、こたつがあった場所に座っていっつもテレビを見ていた方の壁を見たりして、何も無くなったただの空間でずっとぼーっとしてた。

そしたらそこで過ごしてた日常の風景や、あった出来事なんかがぱーっと蘇ってきてね。
初めて鍵をもらって部屋の中に入った日の事とか、この部屋で思ったこと、話したこと、過ごしたこと、ぶぁーっと溢れてきてね。
この部屋にいる間に勤め人、無職、個人事業主と状況もいろいろ目まぐるしく変わったし、悩んだことも考えたことも、嬉しかったことも悲しかったことも、楽しい毎日も辛い毎日も、全部この部屋で、この風景を見ながらオレは過ごしたんだなあと。

結局、なんだかんだ言っても、色々と思い入れのある場所になっちゃったな、と気づいた。

ものが無くなったただのガランとした部屋の中にも、やっぱり当時の空気感を感じることができて。
最後部屋を出る前に、ぐるっと見渡して、その空気感を懐かしんで、ありがとうを言ってドアを閉めました。

今の部屋には当然ながらもうその空気感はないわけで。
これからまた年月を重ね、この部屋ならではの思い入れをつくっていくのだろうと、思います。

ちなみに今の部屋はモダンでキラキラした感じは皆無ですが、すげー落ち着くオレ好みの部屋で、気に入ってます。
どっちかというと、初めて新潟県に帰って住んでた時の長岡市のアパートに雰囲気はかなり近いかもな。
モダンでシャレオツな感じはなく、落ち着けてくつろげる部屋で、やっぱオレはこっちの方が好きなんだろな。


ってな感じで、誕生日ネタで書こうとして気づいたら何故か住居の話でここまで持ってきてるっていうワケのわかんなさよ。
あいかわらずいきあたりばったりな流れでごすなぁ。。。

新潟に帰る前あたりの誕生日って想い出すと、Tーさんがお店と内緒で打ち合わせしてて飲み会の最中でサプライズでケーキ出してくれたのにタイミング遅くて主役が普通に帰りそうになったり事件だとか、TKちゃんのバースデーケーキにろうそく挿しすぎて火力が尋常じゃなくてケーキが炎上ボヤ騒ぎ事件だとか、なんだか色々派手な出来事があったなあと思うけど、ここ最近の誕生日は特に事件性もなく、非常に厳かに終えております(笑)

まあそれが普通なんだけども。

それでもなんだかんだ毎年おめでとうと祝ってくれる人がいるってだけで幸せもんだと思います。切に。

昔はあんなに近い位置にいたのに、いつの間にか離れてしまった人もいれば、そんなに近くなかったのに気づけばいつの間にかとても近くに居る人もいる。
人間関係って不思議なものだと、この歳になってもよく思います。

それはきっと、わざと遠ざけたワケでも遠ざけられたワケでもなく、わざと近づけたワケでも近づいたワケでもなく。
意図的に小賢しく考えなんてしなくとも、自然と変わっていくその距離感が、利害の絡まない純粋な真実なんだろうな。と、思う。

まだ会って間も無くとも何故か、この人とは長い付き合いになると直感する人がいる。
逆に、今は仲良いけど、何か一つのキッカケが失われたらきっと離れて行くのだろうなと、なんとなく思う人もいる。

ある協力関係などがなくなった場合、びっくりするぐらいに相手に対して興味をなくす人ってのは、そもそも密に過ごしていた時期すらも、自分の損得勘定だけでしか人と仲良くしてこなかったんだろうな、と思う事もある。
これは、バンドを辞めてからよく思った。
自分がそうされたってよりかは、むしろ自分が第三者ではたからその人達を見ていると、とても良くわかった。

そう感じたからと言って、ほとんどの人はそれを責めないでしょう。
ただ、そんなもんだったんだな、と、落胆を感じることさえあれ、問いただしたり責めたりはしないでしょう。

でも、人と触れ合い、接していく何気ない毎日の中で、人は人に試されているんだという意識がない人は、なんで人が自分から離れていくのかわからないでしょうね。
なんで自分にはあの人よりも人が集まってこないのか、わからないでしょう。

そもそもある一時期だけいい人だけど、関係性が変わったらかける言葉や接する態度が変わる人間なんて、誰が信用出来ますかねえ。

また優しくなったって、また必要なくなれば冷たくなるんでしょう?

そう思われるのも仕方がないでしょう。

全ては小さなことの積み重ねです。


なーんつってね。


そういうのは、悲しいことでもあるけれど、仕方ない事でもあるけどね。

オレだって、そういうところはきっとある。

オレが人知れず傷つけられる事もあるし、オレが人知れず傷つけてしまっている事もあるでしょう。

別に誰も責めるつもりはないし、誰の生き方も否定なんてしない。

結局生き方なんて本人にしか決められないし、その結果も責任もただ本人に返ってくるだけだ。
そこにいいも悪いもない。

だからこそ、いつまでたっても変わらず接してくれる人って、ほんとに嬉しいもんだよ。

いつ話したって、いつ顔を見たって、嬉しいもんだよ。
みんな歳はとってくけどねw

年齢を重ねても年月が経っても、そこは変わりたくないね。お互い。

人生難しいことなんかほんとはあんまないと思う。

動物も虫も植物も、ただただ一生懸命生きていく。
生まれて、生きて、子孫を残して死んでいく。
それだけだ。

いい歳になったけど、今のオレは10代の頃のオレよりも、全然すごくも賢くもない。
ただ、少しだけ上手く生きる知恵が付いただけだ。

なんにも上手くなんていかねーし、なんにも思い通りになんていかない。
いつまでたっても。

ただまあ、自分の人生に言い訳なんかしたって誰にも関係なく、ただ後悔という結果がそこに残るだけ。
あなたは何がお望みなのってことだけだよ。
人生なんて。

楽しい時間や幸せな時期ってのはどっか刹那的で、無くなる予感をいつも感じてる。

目の前の大事な人は、遅かれ早かれいつか必ず会えなくなる時が来る。

だからやっぱオレは人と居るときはその人との時間を精一杯大事にしたいし、許す限り話したいし許す限り一緒に居たいといつも思う。
いつかはそれで最後になってしまう時間が来る。しかも、きっとそれは後から気付く。
あの人と過ごした時間って、あれが最後だったんだなと。



なーはははんつってね。


まあね。

優しい人は好かれる。
でもさ、優しい人ってのはな、実は気づかない所で我慢いっぱいしてんだよ。
たまにはそう思ってあげて。

なんとなく。


おれはあんま優しくないからいいけどw


てな感じで、これにておひらき。

たまにしか書かねーのに全てをそこに注ぐからいっつもこんな盛り盛りの長文になるんだよな。
せめて数ヶ月に一回くらい分散して書けばいいのに。
ばかなの。

おこなの。


まーみんな大変なことは腐るほどあると思うけど。
顔を上げて周りを見渡して見れば、いくらでも今まで見えなかった道は開けてるもんだーね。

今の苦労も後で振り返れば良い思い出になるワケで。
精一杯楽しんでいきましょう。色々と。


あ、平岡、今年はバンド的な事を色々やります。
とりあえず地下でねw


多分やっこさん、もうちょっと生きると思うので、これからもよろしくお願いします。

面倒見てやって下さい。

よしなに

スポンサーサイト
  1. 2015/05/02(土) 08:13:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Letters | ホーム | 艪櫂の立たぬ海はない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://donb.blog48.fc2.com/tb.php/307-08b8a326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

take-hiraoka

Author:take-hiraoka
Dog on Backseat

Twitter

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。