beat sb hollow

ただひたすらに戯言を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コタツの中心で、俺はさけぶ

かなり旬に乗り遅れた感はいなめないですが、『世界の中心で、愛をさけぶ』を観ました。

今更って感じですが、ちょいと機会があったんで観てみたんです。
感想はまず、、、『青いなぁ』って感じですねぇ。
さすが純愛。

って言っても、非難しているのではないです。
感動!ってよりは、なんかすっげぇ高校時代とか思い出しました。

自分にももちろん、女の子とちょっと手が触れたりしただけでドキドキしてしまう時期とかありましたよ。そりゃ~。

うん。全くもって信用されないと思いますが、とにかくあったんですよ。これがまた。

高校時代。
おそらく人生の中で一番好き勝手に生きていた瞬間だったねぇ。

今となっちゃーほほえましくも思ったりしますが、親にさんざん迷惑かけたり学校の方々に頭を悩まさせてたり、人様に迷惑ばっかりかけて本当にクソガキ!って言葉がふさわしいクソ野郎でしたね(^ー^;

それも大した事をしていたワケでもなく、小ずるい悪さやなんかばかりね。
言ってみたらただのチンケな『小悪党』って感じでしたなぁ。
いたずらして楽しんでる小さい子と同レベルですよ。しょぼいしょぼい・・・。

ただね。
なーんか毎日がおもしろくて、毎日毎日なんか事件があったり騒動が起こったりして、もうB級の学園ドラマにも似たような毎日だったかなぁ。

今はなんか世間もギスギスしてきて、本当にやっちゃいけない犯罪に手を染める未成年がいっぱいいたりして、きっともうあの時のような毎日ってすごせないんだろうなぁ。

当時って先生もおまわりさんも、取り締まるとか捕まえて罰するってよりは、大人が子供にやっちゃいけないことを注意してるって感じだった。

路上でおまわりさんにタバコ見つかっても怒られて取り上げられてアタマひっぱたかれて『帰れ!』って、言われたりするぐらいだったしね。
何回も同じ人にみつかって覚えられてて、『またおめぇかよ。ちゃんと勉強しろよなぁ(´・ω・`)』とか呆れられたりはしたけど、なんか業務的な感じや冷たい感じはしなかったなぁ。
ジュース奢ってくれたり、『親にみつかったら心配かけるから止めろよ』って言ってくれたりね。
ただ、それを聞いて素直に止めるようなら苦労しないけどね。なんせクソガキだから(-"-;

イナカだったからかなぁ。
昔っつっても東京とかはどうだったかわからないけどね。

オレは別に尾崎豊に影響受けてたワケでもないし、確固たるポリシー持って反抗してたワケでもない。
ただ、盗んだバイクで走り出して警察にはつかまったりする輩もいたが・・・。
とくに尾崎の『15の夜』を聞いていたワケではない。

ただ、やる意味がわかんないものはやりたくなかったし、やりたいと思ったことはやりたかっただけだった気がする。
とは言っても、結局未成年には『きまり』ってものがいっぱいあるからね。
少なからず違反って事になってしまうんだよね。

不良とか悪い子って言ったって、ただそんだけの事よねぇ。

別にいじめとかもやってないし、人を殺したり、人の人生を狂わすようなことはしてない。
せいぜいパトカーの載せられて何度か黒いインクで指紋をとられたくらいだ。
そんときに交通機動隊のお兄さんに『何で車内でヘルメットかぶってるの?暑くない?』といらない疑問を投げかけたばっかりに、『俺だって暑いんだよ!でもしょーがねぇだろ!』と怒鳴られてアタマひっぱたかれたニガイ思いでがあるな。
まぁ、そもそもそんなに大それた事やれる度胸もないしね。小物だから(`ω´)

まー、ただ素直だっただけかなーって思ったり。

やな事はヤダって言って、ダメって言われてもやりたい事はやりたい。

ただの子供だね。


・・・・・って言ってる自分をその頃の自分が見たら、はたして何て言うかね?
ダサい大人なんかねー。やっぱ。

結局オレもそれから社会にでて、いろいろ経験して、いろんな人と会っていろんな人に怒られて、気が付けばそれなりに聞き分けのいい普通の大人ってもんになってきたみたいだけど。

それってきっと普通って言ってしまえば普通よね。
ほとんどの人がみんなそうだろう。

もうすっかり落ち着いたなんて自分のことを思う気持ちは全然ないけど、あの頃とはもう考え方からモノの感じ方から全部違うんだろう。

同じものを見ても、きっとあの頃の自分と同じ感覚は得られないんだろう。

いつからかわったんだろうね。

いつのまにか。

たぶん、ゆっくりと時間をかけて変わってきたんだろうとは思う。

今はあの頃には無かったものをいっぱい持ってるけど、あの頃持っていていつの間にか失ってしまった『何か』は、きっともう二度ともどってこないんだろうなぁ。



う~ん。




・・・・・ハ (゜Д゜)!




なんかものすごいらしくない文章を思わず延々と書いてしまった・・・( ̄Д ̄;

ま、そんな感じですよ。

っていってもよくわからんけど。まぁいい。

でも変化って悪いことじゃないよね。

今までいろんな人に出会って感銘を受けたり影響を受けたり、いろんな事やって学んだり失敗したり、悲しかったり嬉しかったり、そうやって自分なりに目の前の物事に取り組んでぶつかって考えて、自分なりに一生懸命生きてここまで来た。

その結果、今の自分があるんだよね。

ただ、悪ぶっててもいきがってても、あの頃は純粋だったなーって思ったら感慨深くなっちゃったよ。オッサン。


きっといずれこんな自分にも子ができて家族ができるとは思うのです。

そんときにオレは、できるだけ大人や親っていう目線じゃなくて、子供の目線で対等に物事を考えて接していきたいと思う。

でなきゃ、本当の悩みとか考えなんて理解してやれるワケない。

自分の方が格上だと思いこんでる人間に、下のもんの痛みなんて一生わからんよ。

だから、昔自分の思ってたコトとか考えって、いくら歳を重ねていっても絶対に忘れないようにしてぇなぁ・・・。

子供って、案の定同じようなこと言いだしそうだしね。
『あ~オレも昔言ってたなぁ』みたいな・・・ね(^▽^;



ってなワケで、全く持って『世界の中心で、愛をさけぶ』の話題はどこへやら?となってしまいましたが、それなりに過去の甘酸っぱさを味わえる良い作品なのではなかろうか・・・と。

そういうことですよ。ハイ。


絞め。

がつぁぴん

スポンサーサイト
  1. 2005/10/28(金) 00:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<結局よくわからんけどね | ホーム | 近況みたいな感じ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://donb.blog48.fc2.com/tb.php/39-3f322a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

take-hiraoka

Author:take-hiraoka
Dog on Backseat

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。